« WWDCのKeynoteを振り返る。 | トップページ | ハイソの条件。 »

2006.08.10

さすが家元!

談志師匠、最高!(爆)
※本当は家元って書かなきゃいけないけど

YouTubeからピックアップするのが悔しいけれど(苦笑)、これには爆笑した。いやぁ、MXテレビが静岡でも見られたら、絶対に談志師匠の番組は録画するなぁ(笑)。

談志・陳平の言いたい放だい

※YouTubeに貼り付けられていました

TBSも協栄もあれだけ壮大な仕掛け(実は、陳腐だけれどw)をしたのに、談志師匠にかかっちゃ単なるネタでしかないな(苦笑)。

単に自分の意見を言うだけじゃなくて、シッカリと笑いにしているところが天才ですよ。やくみつるみたいに、却って不快感になってしまうようではダメだって。それに「彼だったら仕方がない」と思わせちゃうところが、凡百の芸人では出来ないですよ。

ここでの談志師匠も、あの試合後のガッツ石松先生も、自分の領分をキチンと解った上で発言してますな。非常に好感が持てますよ。

ガッツは「本来のキャラじゃない」という意見が多いけれど、元ボクサーはボクシングに関しては哲学者になるでしょ。具志堅だって輪島だって、普段はバカみたいな事を平気で言うけれど、ボクシングの話になったらガラッと変わるしねぇ。

談志師匠も落語家の領分を守った上で、言いたい放題に喋ってる。こういう了見が放送人とか興行師、そして亀田の親父にないんだよなぁ。談志師匠が「下品」って言ってるのは、つまりはそう言う事だと思うんだけれど。

この抜群のセンスをもっと見倣えってんだ!

---------------------------------------

ところで、ローカルとはいえ東京MXテレビは恐ろしいテレビ局だな。

談志師匠のたぶん唯一のレギュラー番組に一緒に出てるのが、なんで野末陳平西部邁なんだ(爆)。その人選にもブッたまげたけど、よくテレビ局側が認めたなぁ。

ちなみに『談志・陳平の言いたい放だい』に関しては、Wikipediaに紹介が載ってる(笑)。けっこう認知度が高いのね。

番組紹介(Wikipediaより)

これに山本晋也毒蝮三太夫おすぎと、そして大阪からわざわざ上岡龍太郎を復帰させて、ゲストに小室直樹あたりが来れば最高なんだけれどなぁ…それじゃ、家元ショーのまんまか(←知ってる人だけ笑って下さい)。

まぁ、僕も含めて熱狂的な談志ファンは全国にもいっぱいいますから、これからも毒を吐きまくってください。

できれば、全国レギュラーがひと番組くらいは欲しいなあ(笑)。

|

« WWDCのKeynoteを振り返る。 | トップページ | ハイソの条件。 »

コメント

だよねえ。
ま、どっかの人は気に入らなかったようですが、
やはり、「ぎりぎりのシャレ」のセンスが良いなあ。
ま、アレで言えるのは、
「本気でボクシングやってる人には亀田のした事は、
偉い迷惑この上ない」
って事で全部説明付くんじゃないデスかねえ。
談志はやはり得難いキャラクターであり、
言いたい事言える為に、しがらみとギャラを捨ててる訳で、
そりゃコアなファンがつくってもんですな。
おみごと。

投稿: 雄三 | 2006.08.10 04:03

雄三様>

なんで起きてるの(爆)。
YouTubeね、お宅の入り浸ってるところで
知ったんじゃないから(笑)。
偶然に発見したんですわ。

>どっかの人は気に入らなかった

嗚呼、なるほどねぇ。
彼は年齢的に家元を知らないだろうからねぇ。
僕も全盛期を知ってるわけじゃないけれど、
少なくとも東京時代に「ひとり会」とかを
国立劇場演芸場に見に行ってたから。
"シャークハンター必殺隊"ってのもあったねぇ(笑)。
地元の人には迷惑だっただろうけれど、
あそこで行ってしまうのは落語家だからさぁ。

>亀田のした事

亀田のした事というより、
亀田も含めた興行関係者全部と言いたいですがね。
よくよく考えたらプロとして金貰ってるんだから、
親子愛だとか19歳だとかを引き合いに出す事は
プロ選手に対して失礼なモノの言い方ですな。
家元はここで年齢に関して触れてないでしょ?
一応は、同じプロ目線で話していて
敬意も払ってると感じたのですがね。
その上で批判してるのはガッツも同じですよ。
擁護派の年齢云々という意見には、
ここで異を唱えたいですな。

>そりゃコアなファンがつくってもんですな。

全国ネットのテレビの仕事は、
単発は兎も角レギュラーがないし(笑)、
TBS批判したけれど、ラジオの番組持ってるし(爆)。
でも、落語と執筆でそこそこ稼げるでしょうし、
彼自身も金儲けしたいって感じじゃないもんね。
彼自身に無駄な飾りがないところ、
何のBackupもなく身ひとつで勝負しているところ、
そして「落語家」の業を全うしているところ、
この三点は本当に誇ってイイと思います。

件の映像に関しては、
論点が「グダグダな興行」に集約されていた所は、
自分は家元と同じ感覚かと思って
喜々としちゃいましたよ(笑)。

投稿: kikka | 2006.08.10 04:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100929/11361847

この記事へのトラックバック一覧です: さすが家元!:

« WWDCのKeynoteを振り返る。 | トップページ | ハイソの条件。 »