« 本日、浜松に帰ります。 | トップページ | 東京5日目(7月27日の話)。 »

2006.07.30

キングジョージIV世&エリザベスDS。

うーん、ハーツクライは惜しかった…というより、欧州の二強はここ数年でもかなり強いんじゃないかと。それこそ、競馬史に残る強さではないかと思うのですが。

ハリケーンランエレクトロキューショニスト、
こいつら2頭、バケモンですわ。

Kg_1 Kg_2

両頭のギリギリためてからのあと100mからの爆発力は、「日本馬では絶対に真似できない」と思わせる超一流のモノでした。そして、騎手の乗り方も「日本人では真似できない、ギリギリの勝負どころまでの待機」でもありました。

環境が違い、レースの質も違うけれど、「欧州の厚い壁」が十分に感じられたレースでした。

話をハーツクライに戻すと、サッカーや五輪での日本代表達に比べて見せ場をキッチリと作りましたね。競馬ファンは、ハーツクライを誇っていいと思う。

結果が、勝ち 馬のハリケーンランとは1馬身ちょっと、2着のエレクトロキューショニストとは半馬身だから、昨年半ばまで国内でくすぶっていた馬とは思えない成長ぶりだ と思う。まぁ、強いて言うならレース間隔が開いてしまった事が悔やまれる。欧州に入って一走していたら…という愚痴は、勝負事では言ってはいけないんだろうけれど。

でも、今日の1馬身の差は「日本の馬が、なかなか超えられない1馬身」です。ディープインパクトも凱旋門賞でどこまで迫れるか。あるいは勝ったとしても負けたとしても、彼が相当にダメージが残りそうな遠征になりそうな気がしてきました。

いまの日本の競馬ではなかなか見かける事ができない「ギリギリの勝負」が、凱旋門賞では展開されそうですね。

Kg_3 Kg_4

余談ですが、本日はいろいろな意味で、99年の凱旋門賞での「モンジュー(ハリケーンランの父馬)vsエルコンドルパサー」の直線でのマッチレースを思い出しました。あれも「日本人がヒリヒリした」し、「なかなか超えられない壁」があったレースでしたからねぇ。

|

« 本日、浜松に帰ります。 | トップページ | 東京5日目(7月27日の話)。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100929/11147658

この記事へのトラックバック一覧です: キングジョージIV世&エリザベスDS。 :

« 本日、浜松に帰ります。 | トップページ | 東京5日目(7月27日の話)。 »