« ほぼ一週間の一人暮らし。 | トップページ | 中田英寿について(その2) »

2006.07.19

なんで萩本が辞めるの?

38歳の大人が犯してしまった事に、連帯責任も何もないでしょうが。

欽ちゃん球団が解散へ
''極楽とんぼ''の山本圭一が事情聴取

※SANSPO.COM ニュース速報より

異論はあるだろうけれど、敢えてハッキリと書きます

萩本のこういう偽善的な所が大嫌い。

今回の萩本の決断とやらは、確かに「懲りない男=山本」に対して見せつける形になるだろうし、彼が「更正」するキッカケになるかもしれない。

でも、萩本の球団に何らかの可能性を感じてやってきた他の球団構成員に対しては、いったいどう説明すればいいワケ? 加えて、アマチュア野球での連帯責任の適用が問題になっている昨今に、これは逆行するような決断じゃないのか。

確かに球団を作った萩本に、続けるにも辞めるにも彼自身の判断に委ねられるというのは間違いじゃない。

でも、幸か不幸か、既に「萩本だけの球団じゃなくなってる」んだから、そういう「公」の側面から見て欲しいところかと。

確かに山本の反社会的行為は「公」の側面からは罰せられるモノだ。ただし、それは球団が起こした問題じゃない…あくまでも山本個人の問題。

「球団が社会人を育てる」などという教条的考え方を持っているのならば、それは萩本自身の思い上がりじゃないのか…と意見を突きつけたくなる。あるいは、所属の人間を甘やかしていることには繋がらないのだろうか。

あんたも一斉を風靡した芸人じゃないか。

だったら「場所を無くしてしまう」事の重要さは解るでしょうに。家族的な繋がりをテーマにしている芸人だけに、この判断はどうにも首を傾げてしまう。

|

« ほぼ一週間の一人暮らし。 | トップページ | 中田英寿について(その2) »

コメント

まあ「ファミリー」で生きた人だから。
ただ直感としていえるのは,
この人は野球が好きでもなんでもない。
あるいは,「笑い」にたいする厳しさや
リスペクトを「野球」には持っていない
ということ。水島新司も? の人だが
「球汚れなく道険し」は真実。

梯子を降ろすのは誰でもできる。
「道はどんなに険しくても,笑いながら歩こうぜ」
と言ってほしいもんだ。
これを言った人も? の人だが。

投稿: イエデビ | 2006.07.20 00:30

イエデビ様>

なんか、黄色板が大変みたいで(笑)。
まぁ、真夏の風物詩だと思えばそれもアリかと。

>まあ「ファミリー」で生きた人だから。

ファミリーで生きるんだったら、
帰る場所くらい作ってやれよと(苦笑)。

>「笑い」にたいする厳しさや
> リスペクトを「野球」には持っていない

同様の事を、何となく感じたんですよ。
ただね、幸か不幸かクラブチームのムーブメントが
彼らの参戦で出来たワケじゃないですか。
だったら、十字架を背負わないとダメですよ。
本当の芸人だったら、クビを突っ込んだ事象には
執着心を見せなきゃ嘘だと思うんだけれど。
そうでなければ、萩本が新たに選んだはずの
野球というジャンルに対して失礼です。

山本の事件は、球団のスケジュールの範疇で
起こった出来事じゃないんでしょ?
だったら、それを理由に辞めちゃうのは
筋が通ってないですね。

芸人という側面から見れば、
例えば竹下元首相の秘書が立川流に戻ったとか、
板尾創時がダウンタウン松本の元に戻ったとか、
そういう類の優しさは見せてもいいんじゃないかと。

吉本をクビになって、
たぶんテレビ復帰も99%無理だと思うけれど、
だったら尚更戻る場所を作っておいてあげないと。
これから世間から冷たい視線を浴びまくるんだから、
少しくらい息抜きの場所を作ってあげないと。

だから、野球人的にも芸人的にも、
今回の萩本の行動に関しては異を唱えたいです。

>「道はどんなに険しくても,笑いながら歩こうぜ」
> と言ってほしいもんだ。

それが難しいのは十分解ってるんだけれどねぇ。
元がエンタテインメントの畑の人だけに、
それが出来ない所に残念さを感じてしまいますな。

投稿: kikka | 2006.07.20 00:59

これは確かに、欽ちゃんがわけ解らん。
無責任だよね。
野球界の救世主に見えたのに、
確かにこれじゃあ、
「野球を愛してる」とは、腐っても言えない。
いや、しかし、
この山本は、
「ハメラレタ」と思ったのは僕だけでしょうか?
遊び方が賢くないよなあ。

投稿: 雄三 | 2006.07.20 11:13

雄三様>

吉本の発表によると、山本の行動って、
ゴールデンゴールズの遠征先での事だったようですね。
更に2人のチーム選手が同行していたようで、
その辺りで萩本が動揺しちゃったんじゃないかと。
でもね、被害届は山本だけなワケでしょ?
オマケに刑事事件として立件もされてない。
その状態で「解雇」とか「解散」とか、
あまりに気が早い話じゃないかと思いましたが。

いま、記者会見の映像を見たんだけれど、
かなりオロオロしちゃってましたな>萩本。
ワケわかんない状態で
走馬燈のように思いが浮かんできて、
そのまま勢いで「解散!」って言っちゃった感じ。
高部知子(のぞみ)の時を思い出しちゃった。

> 確かにこれじゃあ、
>「野球を愛してる」とは、腐っても言えない。

厳しい言い方するけれど、
まずはあの状態でも、
記者会見で冷静を保って欲しいかなぁ。
それがチームを作った人間の責務でしょう。
少なくとも、チームが背負う部分に関しては、
別の「落ち着いた状態」で話すべきだった。
チームは山本だけを預かってるワケじゃないから、
他の選手についても思いを馳せて欲しかった。

>「ハメラレタ」

17歳の女の子を4人から1人にした事から、
山本の制御が効かなかった感が強いですが。
逆に17歳の女の子が酒の席を断れなかったのかと、
そういう感も抱きましたが。

事が事だけに微妙な話です。
でも、萩本が解散させるのは間違ってると言いたい。
いっぱしの芸人だったら、
もっとシャレになりそうな処分を考えないと。

投稿: kikka | 2006.07.20 12:36

大将がやりたいようにやればよし。
面倒は見る人ですよ。どうであれ。

投稿: どこかのうぇぶますたぁ | 2006.07.20 22:18

どこかのうぇぶますたぁ様>

こんばんわ。
初めましてでよろしいでしょうか?

>面倒は見る人ですよ。どうであれ。

それは想像できます。
なんてったってファミリーですからねぇ(苦笑)。

>大将がやりたいようにやればよし。

これは半分賛成、半分異論ですな。
記者会見の映像を見直しましたけれど、
尋常じゃない精神状態だけは解りました。
まぁ、後援者の後押しもありそうなんで、
様子見してみる事にしましょうか。

ただ、いきなり「解散」と言ってしまった事、
あれはミステイクな感じとして、
自分の心の中に残っています。

投稿: kikka | 2006.07.20 22:40

ども。
「欽一、涙ぐんで謝るにしては小洒落たジャケット着てやがる」
「野球始めたのも勢いだったんだろし、辞めるのにきっかけが欲しかったんじゃないの」
以上。あ、スルーしてください。

私の愛する函館が舞台だったことがショックで。

投稿: thebourne | 2006.07.21 15:48

thebourne様>

>以上。あ、スルーしてください。

スルーできるか!(笑)

キッカケ云々は別にして、
小洒落たジャケットはないでしょうが(苦笑)。
本当だったら、ああいう場所じゃなくて
グラウンドで会見した方が良かったんでしょうけれど、
今のメディアは「われ先に」状態だから、
あんな場所での会見を強いる形になっちゃったのかな。

ところで、萩本欽一の呼び方なんですが、
ここでも「萩本←僕の呼び方」、
「欽ちゃん」「大将」「欽一」とか出ましたね。

間違いなく僕の呼び方って、
彼に対する愛情はないなぁ(笑)。
でも、20ン年間この呼び方ですからねぇ。
欽ドンとか欽どことか、面白いと思ったことねぇもん。
強いて言うなら、トクホン提供の火曜7時半の番組
(※ぴったしカンカンの前番組)は、
子供心に楽しんでいました…二郎さんの方を(笑)。

投稿: kikka | 2006.07.21 19:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100929/11012454

この記事へのトラックバック一覧です: なんで萩本が辞めるの?:

« ほぼ一週間の一人暮らし。 | トップページ | 中田英寿について(その2) »