« ちょこっとだけ外出。 | トップページ | ガチガチの試合に見えました。 »

2006.07.05

起きていて、良かった。

イタリア、凄かったなぁ。

1点目も「狭い所をよく通した」って感じだったけれど、試合終了間際で貪欲に2点目を獲りに行き、決めてしまったところが一番凄かった。

あのカンナバーロのカットトッティの素早い前線へのパスジラルディーノのDFを引き付けたドリブル最後のデルピエロのすばやいフォロー+彼らしいゴール(トヨタカップを思い出した)で完全にドイツの息の根を止めることができた。1点だけでは(残り1分だったけれど)勝利の行方は解らなかったと思う。

特にカンナバーロの積極的なディフェンスが無かったら、カウンターアタックの勢いもつかなかっただろうし、2点目も生まれなかっただろう。

そして、1-0で終わるよりも、力で2点目を獲って終った方が、決勝に向けてチームがより勢いづくんじゃないかな。仮にイタリアがこのまま優勝するのならば、あの守備が勢いづかせたという事になるんじゃないかな。

ああいう貪欲さが、リッピが率いるようになってからのアズーリの持ち味なんだろう。それがハッキリとクローズアップされましたな。

嗚呼、今後の日本代表にもこういう所が養われて欲しいなぁ。

コーナーキックが多かった事に象徴されるようにイタリアがやや押し気味という感じだったけれど、ドイツもそれなりに見所を作っていて面白かった。

ポドルスキーの延長後半のシュートはぞくっとしたし、左サイドのラームと右サイドのオドンコールの攻撃参加もリズムを作っていたし。惜しむらくはバラックが本調子に見えなかった事だけれど(←マークも厳しかったんだろうが)、それでも持てるものは出し尽くしての敗戦ではなかったかと。

まぁ、眠い目をこすりながら見ていて良かったな。今大会は、何故か朝方の対戦カードに熱い試合が多いので、非常に運が良いと言うか(笑)。

|

« ちょこっとだけ外出。 | トップページ | ガチガチの試合に見えました。 »

コメント

このゾクゾク感は生でないと解んないのですよねえ。
これを味わう為の睡魔との戦いナンである。

そして北朝鮮のミサイルの事や、
シャトルを無事に上がった事を1番先に知ったのが、

「サッカーファン」と言うへんてこな日でした。
さて今日の試合の地上波中継は、

テレ東。。。。。。。。。。(ちーん
よくテレ東に金があったなあ。。。。。。
全国の貧乏サッカーファンをどん底に叩き落したのでありました。
さ、BSでミヨット。

投稿: 雄三 | 2006.07.05 11:30

ひと仕事終えてさっき見終わったんですよ。録っておいたの。
ナマじゃなかったけど、あー感動した。
金さんのおかげでニュースで結果を知らされずに楽しめました。
マンオブザマッチは間違いなくカンナバーロですね。
(175センチで小さい小さいゆうなぁ!)

投稿: thebourne | 2006.07.05 12:44

いやぁ、面白かったですね。
イタリアには、デル・ピエロがいたんですよ!

ここ一番、やはり円熟の技が際立っていました。

バラックには、この屈辱を胸に四年間頑張ってもらうしかありませんね。彼ならきっと大きく成長して帰ってきてくれるように思います。この大会で、少しドイツチームのファンになりました。

さて、ジダンとフィーゴ。
どちらが味わい深いプレイをしてくれるのか。
これで、決勝がイタリアvsポルトガルにでもなったら、
競馬とともに予想が見事に大外れで終わってしまいそうです(笑)

明日も早起きをしましょう。

投稿: kiosk | 2006.07.05 21:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100929/10795543

この記事へのトラックバック一覧です: 起きていて、良かった。:

« ちょこっとだけ外出。 | トップページ | ガチガチの試合に見えました。 »