« 織姫と彦星。 | トップページ | ココログのメンテナンス。 »

2006.07.10

後味は悪いね。

イタリアは優勝に値するチームだと思うけど、
やっぱりジダン退場はショックだった。

  Final_1  Final_2

全体的にモヤモヤとした雰囲気が残ったまま、閉会式を迎えた。

同じ様にPK戦で終わった94年の時はもう少しモヤが晴れていた気もするのだけれど、今回のこの重い雰囲気は「スーパースターの不在」が大きく陰を落としているのは言うまでもない。

正直、お互いに決め手を欠く試合だった。フラストレーションはお互いに溜まっていたかと思うし、見る側もかなり溜まっていただろう。

延長戦、ジダンが消えてしまうまではフランスが最後の攻勢をかけていたようにも見えた。けれど、イタリアの厚い守りに数的優位を上手く作れずにフィニッシュもままならなかった様に見受けられた。解説の井原が言ってたけれど、フランスのポイントゲッター達は、終盤にはかなり足に来ていたんだろうなぁ。でも、それまで決定的なシーンが少なかったのも事実。

それはイタリアも同様で、フランスの強固なセンターバック(テュラムとギャラス)を最後まで崩せなかった。

互いに点を1点ずつ獲ったけれど、ディフェンスの見事さが光ったかな。中盤の底の選手、フランスのマケレレ、イタリアのガットゥーソが両チームの起点になる選手(ジダンとトッティ)を上手くマークしていたと思う。あと、テュラムとカンナバーロは最後まで気を抜かずに緊張感を持って守備をしていた。これらは見事としか言いようがない。

最終ラインを上げ、中盤の人数をも厚めにしている事で、ペナルティエリア周辺での局地戦が多かった。厳しさが感じられる試合ではあったけれど、見る方のワガママとしては「もう少し、何とかならなかったのか?」という感じ。スペクタクルな場面がもう少しあって欲しかったかなぁ。

消極的ではなかったけれど、つぶし合いに傾きつつある試合だったかな。これもサッカーだとは理解しているんだけれど、どうにもダウナーな試合に見えた。

それを象徴するかのような、ジダンの退場劇だった。

ジダンがボールを持つと、何かをしてくれそうな雰囲気が一気に高まった。その時だけ会場のテンションが上がっていたのは事実。だけれど、彼が消えてしまってからはフランスにもイタリアにも気が抜けた風な感が漂った。PK戦まで試合は続いたけれど、あの時点で「決勝戦は終わってしまった」という感じ。

ジダンの退場は仕方がない。が、彼があれだけ怒ったという事は、倒されたマテラッツィが何か侮蔑的な事を言ったんだろう。ジダンの短気は今に始まった事ではないけれど、逆に怒らせたイタリア人のしたたかさも感じさせる一幕かと。

ただ、どちらが勝つにしろ負けるにしろ、今回だけはこういう結末で終わって欲しくなかった。

フランスはジダンの引退ロードを始めとした世代交代の問題があり、イタリアは八百長問題で揺れるプロリーグを抱えている。お互いの今後に向け、いい始まりにはならないだろうという予兆なんだろうか。

両国の今後の道のりの険しさを予感させた。

  Final_3  Final_4


<おまけ>

イタリアでは決勝進出をしたという事で、八百長事件の中心であるユベントスの情状酌量を求める声がある様子だ。だが、断じて3部降格という流れを断ってはならない。

ジダンだって、フェアプレーの精神にのっとって退場した訳だ。だったら、イタリアで減刑が赦されるってのはおかしい。W杯と国内の事件は同列に考えてはいけないのではないだろうか。

ここはイタリアの司法と協会、そしてファンの見識を信じたい。どれだけカルチョ(←イタリア風に)に対して真摯になれるか、優勝したイタリアには範を示して貰いたいところだ。

|

« 織姫と彦星。 | トップページ | ココログのメンテナンス。 »

コメント

残念な決勝戦になってしまいましたね。ここまで積み上げてきた積み木が、一気に崩れてしまったような。

>ジダンの退場は仕方がない。ただ、彼があれだけ怒ったという事は、倒されたマテラッツィが何か侮蔑的な事を言ったんだろう。ジダンの短気は今に始まった事ではないけれど、逆に怒らせたイタリア人のしたたかさも感じたかなぁ。

あの時、どんな言葉がそこにあったのか・・・。ルーニーの退場も物議を醸していますが、決勝での、しかもジダンの退場は、この大会を”呪われた大会”にしてしまいました。

退場の時、ブッフォンがジダンを慰めていたことが救いですが・・・。

投稿: kiosk | 2006.07.10 07:16

kiosk様>

また、お早い書き込みで恐縮です。

>ここまで積み上げてきた積み木が、一気に崩れてしまったような。

喪失感、この言葉で終わる大会は初めてですね。
確かにジダンは悪かったとは思いますけど、
退場者が出る試合というのは、
審判がコントロールできなかったも同然ですから。
今大会、イエローの乱発とか多かったけれど、
もう少し何とかならなかったかなぁ…。
あと、決勝戦のレフェリーが
南米・アルゼンチンの方だったけれど、
欧州の第三国の方というわけには
いかなかったのかなぁ…。
もう少し、スムーズに進む気がするんだけれど。
レフェリングは、欧州が頭一つ抜けてますから。

>''呪われた大会''

たぶん、メディアが騒ぎますね。
終わり良ければ全て良しにならなかった。
そこはFIFAも考えなくちゃいけない課題かと。

リッピの作ったアズーリは、
世界一を名乗るだけの資格があるチームだから、
こういった汚点で貶められる可能性があるのが
非常に寂しいです。

追伸:
オジさんに聞いたけど、
こちらの現状を気にしてくださったそうで。
非常に感謝しています。

投稿: kikka | 2006.07.10 07:56

むう、せめてスポーツの世界ぐらいフェアであって欲しいもんですねえ。
それが皆を夢中にさせる要素だと思いますからねえ。

「呪われた大会」。。。。。
前回ほどじゃないような気がします。
前回の韓国がした事は、
スポーツの根幹を根こそぎ奪った物だと思ってますから、
あれに比べりゃー「しゃあないで」なのです。
絶対勝ちたいというストレスもでかかったんでしょうねえ、
ジダンは。。。。

投稿: 雄三 | 2006.07.10 10:32

ジダンよ,どうせならイタ公の頭髪
をむんずとつかみ,大木金太郎なみに
「くらえわが必殺一本足原爆(どっちも放送禁止)
頭突き!!」(YESミスター?相手インドのホテル)
といかんかい。どうせなら,ロナウドが
ジャンプしてココバッドしてほしかったな。
ブラジルだけに。
ここで書くのはもったいないネタや。

投稿: イエデビ | 2006.07.10 12:24

それぞれにレスです。

雄三様>

>あれに比べりゃー「しゃあないで」なのです。

だとは思いますけれど、
中心人物の不本意な離脱ですからねぇ。
彼自身にも自覚が欲しかったとは思いますし、
我慢が出来なかったのかと疑問もわきます。
が、彼が言われた内容によっては
もしかしたら評価が180度変わっちゃうかも。
それを思うと、やはりイイ気分はしませんね。

---------------------------------------

イエデビ様>

>ここで書くのはもったいないネタや。

じゃぁ、黄色板で書きゃあいいじゃねぇかと(苦笑)。

そんなね、タイガーマスクのエピソードとか、
ブラジル=ココバットなんて話を出したって、
先にコメントした二人はともかくとして
解る人間ってそういないって。

>必殺一本足原爆頭突き

大木金太郎の唯一の見せ場でしたなぁ。
猪木戦ではナックルアローで
カウンター喰らっちゃったけれど(笑)。

そういえば、子供の頃の全日中継で
大木ーブラジル戦ってのを見た覚えがありますが
(※昭和51〜53年頃だったんじゃないかな)
頭突きの打ち合い&意地の張り合いが延々続いて、
滑稽さしか感じなかったですがねぇ(笑)。
いま考えると、両方とも全盛期は過ぎていたので、
こういった見せ場がない試合になるのは
当然だったかな…なんて思い出したりしますがね。

なんでサッカーの話から、
レトロなプロレスの話になるんやと(苦笑)。

投稿: kikka | 2006.07.10 13:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100929/10864365

この記事へのトラックバック一覧です: 後味は悪いね。:

« 織姫と彦星。 | トップページ | ココログのメンテナンス。 »