« 永遠に善戦マン。 | トップページ | 今度の日曜日は宝塚記念。 »

2006.06.23

完膚無きまでの負け。

日本 1ー4 ブラジル

うっすらと見えていた日本サッカーの抱える課題が、全て露わになった試合でした。

ゴールデンエイジ、日本最強世代と呼ばれた選手達でも「現時点では全く足りなかった」のは寂しかったですが、これが現実です。結果を受け入れるしかありません。

日本ーブラジル戦を見て、取り急ぎ感想を書いてみます。

ブラジルは甘くないというのは解っていても、最初の玉田のゴールには希望を持ちました。が、その後の王者・ブラジルの戦い方は慌てることなく、淡々と自分たちのサッカーを展開して、そして実力通り(←本当は予定通りという言葉も付け加えたいが)に逆転してしまったという展開でした。

ここまでの予選リーグ3試合、ハッキリ言って浮かれ気味の日本人全体に「豪快に冷や水がかけられた」ような、そんな結果となりました。

ただ、最期のブラジル戦の完敗によって、素人目にもうっすらと解りかけていた「何が足りないのか」がハッキリと提示された事は、ドイツW杯という大会が今後の日本サッカーの発展にとってのエポックメーキング的なモノとなる出来事だったと思います。

誰がダメだったかとか、監督の采配がどうだったとか、そんな事を取り上げて騒ぐのは不毛としか言いようがありません。

そんな事よりも、ここから日本代表が立ち上がるために、本大会で1勝を挙げて決勝トーナメントに進むために、いったい何をすればよいのか。それこそが、サッカーに関心を持つ者の全てが考えなくてはいけない事柄ではないでしょうか。

|

« 永遠に善戦マン。 | トップページ | 今度の日曜日は宝塚記念。 »

コメント

少年サッカー、中・高・(大)・ユースの指導者が、徹底的に基本を重視した指導をすることが大切だと思いました。
華麗なテクニックも、堅実な守備も、想像力豊かな攻撃力も、全ては基本が出来ているからなせる業なのであって、そこらが不十分なままにシステムどうこうの議論をしても意味がないですね。
各年代での指導に勝利至上主義を持ち込まず、国としての戦略にかなった育成システムが必要です。
これは、どのスポーツでも言えることだし、今までいやと言うほど言い尽くされてきたことですが・・・。
今回のブラジルのプレイを見ていて、走る・蹴る・止めるなど、あまりにも基本に忠実という点で日本が未熟だということを痛感しました。
日本にロナウドがいれば・・・。ジーコの嘆きはもっともです。この戦力でベスト16入りしなければバッシングされるのなら、こんな割に合わない仕事はありません。それでも、ロナウドひとり入れるだけでその可能性がほのかに見えそうなくらいに日本のサッカーを進化させてくれたジーコに感謝しなくては。そして、まだまだそれだけの力はないんだよと示してくれたことに対しても・・・。
1vs4という負けっぷりで、かえって踏ん切りがつくというもの。8月のアジアカップに向かってスタートしなくては!
さぁ、次はオシム・JAPANか?そうなって欲しいと、密かに期待しております。

投稿: kiosk | 2006.06.23 16:14

オシム、オシム、オシム、オシム、オシム。!!!
て、言ってて、


デシャンに成ったりするんだよなあ。

投稿: 雄三 | 2006.06.23 19:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100929/10642157

この記事へのトラックバック一覧です: 完膚無きまでの負け。:

« 永遠に善戦マン。 | トップページ | 今度の日曜日は宝塚記念。 »