« 決して、罰ゲームではない。 | トップページ | 完膚無きまでの負け。 »

2006.06.19

永遠に善戦マン。

根本的な部分(例えば蹴り方)からもう一度練り直していかないと、永遠に善戦マンのまんまじゃないかなと。

この間も言ったけれど、まだ日本代表がW杯に初出場してから8年しか経ってない。だからといって、歩みの進度が遅くなるよりは早くなったほうが良いワケで。

歩みを加速するには、もう一度基本のレベルから振り返ってみるしかないんじゃないかな。サッカーの基本である「走る事と蹴る事」だけは、どんな方向に行こうとも変わらない。だから、まずは下地の部分を徹底して鍛えていくしかないと思うんですが。

その上で、例えば「アフリカ勢の身体能力」の様なオプションを日本人なりに見つける事が出来れば、素晴らしいです。上手く構築できれば、必ずや1勝に繋がっていくハズです。

ブラジル戦の後、川渕キャプテン以下サッカー協会がどう動くか、これが非常に気になりますな。

|

« 決して、罰ゲームではない。 | トップページ | 完膚無きまでの負け。 »

コメント

ガンバのユースより下の下部組織が、
基礎しかしないらしいですからねえ。
正にその方向に向いては行ってますよねえ。
ま、しかし、勝ちたかったよなあ。

柳沢がなあ。。。。。。
人選に付いてはホント言いたい事だらけなんですが、
日本中のサッカーファンが、
「こうなる事は解ってた」と言うでしょう結果ですなあ。

投稿: 雄三 | 2006.06.19 10:00

あのポルトガルが40年ぶりの決勝トーナメント進出ということを知って、少し気が楽になりました。
日本がそんなに簡単に予選を通過できると考えること自体に無理があるわけで、今回のここまでの結果は、まったく順当なものに思えます。
2戦とも勝てる試合を落としてしまった・・・といったコメントが溢れていますが、ジーコ・JAPANはそれなりに良くやっていると思います。決定力不足を今さらどうこう言ったって、そんなことは始める前から分かっていたわけで、組織で何とか崩そうというゲームは出来ているように思うのですが。
まぁ、結果としてゴールが決められないから勝てないわけですが、究極のガチンコ勝負で力を発揮するには、あと数十年は必要なのかも知れませんね。
ブラジル戦は、1-2くらいの惜敗・・・ってところでしょうか。ヒデのミドルシュートなんかがポストに当たったのを巻が押し込むなんていう光景か創造されるのですが。こうなりゃ、小野も見たいなぁ。

投稿: kiosk | 2006.06.20 07:10

ALL>

コメント、それぞれに書こうと思いましたが、
とりあえずブラジル戦の結果を見てからにしますわ。
できるだけ建設的な話にしたいなとは考えてますが。

投稿: kikka | 2006.06.22 14:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100929/10586723

この記事へのトラックバック一覧です: 永遠に善戦マン。:

« 決して、罰ゲームではない。 | トップページ | 完膚無きまでの負け。 »