« 7月は全休します。 | トップページ | 決して、罰ゲームではない。 »

2006.06.13

うーむ。

リアルタイムで見ていないので、比較的に冷静に結果を受け止める事が出来ました。

それにしても、試合終了まで残り10分(※ロスタイム含む)で3失点とは。

後半も半分過ぎた頃から、日本代表の足が完全に止まっちゃってました。あれでは逃げ切ろうと思っても無理でしょうね…悔しいけれど。

だんだん消極的になってしまったのは、やはり体力的なバックボーンが無かったからかなという感じ。暫くは気も張っていたのだろうけれど、同点ゴールからはご覧のようにズルズルと行ってしまったかな。同点ゴール自体も焦りから取られた点に見えましたし、その後の2得点は焦りどころか完全に気持ちと体力が萎えちゃった状態で、完膚無きままに蹂躙されてしまった風に見えました。

金子達仁が言っていた「W杯本戦での完膚無きほどの負け方」なんでしょうか、あれは。

次回のクロアチア戦も15時からのゲームですよね。(ジーコの選手交代も含めて)上手く試合を運んでいかないと、同じ様にやられそうです。

でも、一回くらいは勝利を見たい。

異国でのW杯本戦、そのシチュエーションでの初勝利を祈りたいです。

|

« 7月は全休します。 | トップページ | 決して、罰ゲームではない。 »

コメント

残念!
俊輔の足が途中から完全に止まっていたので、彼を代えるべきだったのでは・・・。(故障も心配)ヒデも含めて中盤からの球出しが何か中途半端になっていたのも心配です。

消耗戦に持ち込んでいったヒディンクの作戦勝ちですね。先に賭けに出たオーストラリアと、それを正面から受けとめてしまった日本。攻める方が強いということでしょうか。2002年の韓国vsイタリア戦を思い出します。(ヒディンクはそういうことをする男なんだから・・・)守るならいっそ徹底的に守った方が良かったとも思います。

決勝トーナメントは本当に厳しくなったけど、クロアチアには勝って欲しいですよね。そしてブラジル戦では、思い切った作戦で奇跡を・・・。

この疲労感・・・。日本中がダメージを受けてしまったようです。

投稿: kiosk | 2006.06.13 07:14

ま、一勝は見たいよねえ。
ま、もうこんなになるのは解ってましたからねえ。

オシムならどうしただろうなあ。。。
次はオシムが良いなあ。
節に願いまする。

最近すっかりオシムファン。

投稿: 雄三 | 2006.06.13 10:48

今さらいっても始まらないのですが・・・
小野を入れて1トップにしたときに?でした。
柳沢に変えて、もう足が止まってきているFWを入れ替えて玉田でも入れるのかと思っていましたから。
中盤のパス回しはできていたし、オーストラリアのディフェンスも足が止まっていたし、だいぶイライラしてファールが多かったので玉田のドリブルは生きると思ったのですけどね。
ジーコは1点を守りながらあわよくばもう1点という作戦だったと思うのですが、いかんせん日本はそこまで成熟できていなかったとようです。
始まったばかりの時間帯を除いて日本は今までにない素晴らしいサッカーをしていたと思います。
正直言ってあんな戦い方ができるとは思っていませんでした。

やっぱり日本人の性格としてねばり強く守るというのは性に合っていないのでしょうか?
ワールドカップでの監督の経験値の差が出たような気がしました。

投稿: Metal | 2006.06.13 20:17

ALL>

昨日、韓国が1勝を挙げましたよね。
86年のメキシコW杯に参加してから20年にして、
やっと本大会での一勝を挙げました。
(※ここでは自国開催は含めない)
オーストラリアの日本からの勝利も、
74年に本大会に初出場してから
32年かかってようやくの1勝だったりします。

それだけ、本大会で1勝を挙げるのって、
時間がかかるって事なんですよ。

ただ、日本の場合って、
98年大会に初出場して、その次の大会が自国開催。
非常に恵まれている流れで来ています。
が、上2国に比べて本大会参戦の歴史の無さは、
いかんともしがたいのかな…なんて思ってます。

日本の試合運びはまずまずだったと思います。
ただ、日本代表チームとしての経験値の無さ、
これが最後に「自滅」に導いたのではないかと。
ジーコの選手交代とか、
シュートが枠に行かず追加点が奪えない事など、
今敗戦にはいろんな要因が考えられますが、
最終的には日本全体の経験の無さが招いた敗戦かなと。

そう考えたら、少し気が楽になりました。

------------------

雄三様>

ここだけレス。

>次はオシムが良いなあ。

僕は、報道通りにエメ・ジャケでいいかなと。
敗戦を見て、是非実現して欲しいと思いました。
98年を見れば判る通り、彼は徹底した現実主義者。
オシムも同じ資質を持っていると思いますが、
チームだけでなく協会全体に波紋を投げかけられるのは、
ジャケクラスじゃないと駄目なんじゃないかと。

投稿: kikka | 2006.06.14 14:54

一言、エメジャケには、


もう断られたらしいです。

投稿: 雄三 | 2006.06.14 15:22

雄三様>

>もう断られたらしいです。

なるほど。
彼じゃなくても、
日本サッカー全体のタイムラグを埋めてくれるような人材、
それだったらどなたでもいいかなと。
今更と言われるかもしれないけれど、
デットマール・クラマーさんみたいな人材が
(今だからこそ)必要ではないかと。

結果論になりますが、
(監督としての)ジーコにはそれが足りなかったと。
まぁ、日本サッカーに多大な影響を与えている彼ですら、
現状では厳しいわけですから、
監督を選ぶ困難は解ってるつもりですがねぇ。

投稿: kikka | 2006.06.14 16:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100929/10504104

この記事へのトラックバック一覧です: うーむ。:

« 7月は全休します。 | トップページ | 決して、罰ゲームではない。 »