« 高松宮記念よりもドバイWC。 | トップページ | ふと聴きたくなる音楽。 »

2006.03.26

ドバイWCの雑感。

国際GI勝利のハーツクライはおめでとうさんでした。
国際GII勝利のユートピアもおめでとうさんでした。

出走したカネヒキリ、ハットトリック、アサクサデンエンなどは残念でした。

JRA VIDEO INTERACTIVE
※ドバイWCビデオ速報

一応付け加えておきますが、高松宮記念はオレハマッテルゼが完勝でした。いやぁ、小田切馬名のGI勝ちは、もしかしたら「ノアノハコブネ」以来なんじゃないの?

では、改めてドバイWCの雑感…まずは勝った日本馬達の話をしましょうか。

ハーツクライとユートピア、どちらも栗東の橋口弘次郎厩舎の所属。逃げに近い形で先行して押し切ったんだけれど、勝ち方だけを見るとどちらも王道の勝ち方なんだよなぁ。

ドバイでの乗り方ってのは、平坦コースで特にダートの方は早い流れになるから、なかなか後方からの一気の追い込みって効かない。悪くても4〜5番手くらいまでに付けたいところ。そのレースを忠実に勝った馬たちはできたかなと。
決して逃げたからといって、出し抜いた形じゃなく力で勝ったという感がある。

ハーツクライは追い込み型という評価が、昨年末の有馬記念とこのレースで完全に払拭されてしまった。なんで、最初からこのレース運びをしなかったんだろうかと。そうすればGIがもう二つくらい増えていたはずではないか…という事は、言ってはいけない事なんだろうなぁ(笑)。
気性面とか(いい意味で)ズブくなってきたんだろうなと。社台の勝負服というのが気に食わないですが(苦笑)、なかなかいい馬になってきた気がします。

逆に負けた馬たちの話もしましょうか。

まずカネヒキリ。
これは相手が悪かったかなぁと(苦笑)。先程書いた鉄則を角居勝彦調教師(栗東)も十分理解していたようで、ダートホースだが芝の調教をこなしたり、早い時計に対応できる対策を練っていた。
けれど勝った馬が、昨年夏に英GIでゼンノロブロイを競り負かしたエレクトロキューショニストだったし、けっこう強敵が揃っていたのでは。明け4歳だから、今後に期待したいところかなと。

ハットトリックは追い込みが不発…相手もマイルのスペシャリストが集まっていたし、途中からドンドン早くなる流れではあの位置からでは届かないだろう。勝った馬が1枚も2枚も上手な気がした。
ただ、ドバイではなく欧州のような「ヨーイ、ドン」の競馬が出来るような場所だったら、芝の相性さえ合えば面白いかもしれない。

アサクサデンエンは去年の安田記念がピークだったのかなぁ…。あの位置だったらもっとついて行けるはずだと思うんだけれど、昨日はズルズルと下がっちゃいました。レベルも高かったんだろうけれど、ちょっと解せないかなぁ。

ともあれ、馬券抜きで楽しませていただきました。海外のレース観戦って、純粋に楽しめるから好きです(笑)。

|

« 高松宮記念よりもドバイWC。 | トップページ | ふと聴きたくなる音楽。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100929/9267234

この記事へのトラックバック一覧です: ドバイWCの雑感。:

« 高松宮記念よりもドバイWC。 | トップページ | ふと聴きたくなる音楽。 »