« 「回転」してたら火の車(爆)。 | トップページ | あと10日間。 »

2006.01.20

「回転」してたら火の車・その2

前エントリーでの伊達くんのアンサーという形で書きます。

株やら詳細な経済の件は詳しくないですが、昨年に"箱庭"に書いたような事の焼き直しの感想を書いた感じですか。

>NHKとテレ東がリークする

これなんだよね…何でテレ東かが解らんけれど。
でも、親会社が日経だから、テレ東もアリなのか(笑)。
検察突入2時間前に一旦情報が流れたという所、
ここがミソのような気がするんですが。
それって、証人喚問途中だったんじゃないのかなぁ?
(※出社途中だったので、詳細解らず)

>問題のでかさではホリエモンなんて些末な問題

いま、やるべき問題じゃないですよね。

今回、政治陰謀説とかいろいろと言われてます。
亀井みたいな小泉&森派以外の人間がリークしたとか、
ヒューザーが絡む某学会系列から湧き出た話だとか。
でも、どっちもピンと来ないのですよ。
堀江くんもヒューザーも、
どっちも小泉&安倍&森派の方が親しい訳でしょ?
元警察官僚の亀井が絡んでるんだったら、
この2件を両方とも据えて絨毯爆撃に出たという事か?
それもピンと来ないんですよ。

とにかく、このタイミングがいいのか悪いのか解らんです。
ただ、検察が相当な確証があるという事だけは掴めますが。

検察の動きとしては、こちらが正しい気がします。
立花隆の「メディアソシオ-ポリティクス」
※nikkeibp.jpより

---------------------------------------

ライブドア&堀江くんに関しては、やっぱりという感じ。
今までだって光通信みたいな、
盛り上げられて落とされる新興企業はたくさんあった。

急激に大きくなる企業は確かに日の出の勢いだけれど、
案外、重箱の隅を突かれるだけでコテッと逝っちゃう。
そういう例を何度も目の当たりにしている。

ちなみに、堀江くんのアキレス腱ってのが下記の文章。
これを読んだ時(昨年夏)は呆気にとられましたが、
今になってみると「なるほど!」という感じ。

(株)フォレスト・コンサルタンツ 山根治blog
※アクセス集中の為、ミラーサイトを開設されたそうです。

ここら辺が突かれる事は当然予想される訳だから、
リスク回避するだけの材料を用意しておかないと。
でも、M&Aと株価操作とに腐心していて、
(部下が動いていたにしても)
結果的に今回のような大混乱を招いちゃった訳ですな。

それを「出る杭は打たれる」って言い方をすれば、
反権力の人間が討ち死にしたみたいで同情も買うけれど、
経営者としては広い意味でのリスク回避不備を突かれた訳で、
見通しが甘かったのは間違いないんじゃないかと。
あまりに無防備過ぎるんじゃないかという気はします。

自らの無知で、多くの人を道連れにしちゃったからねぇ…。
決して同情される余地はないハズなんだけれどなぁ。
だって、個人ならいざ知らず、企業の長なんだから、
頼ってきている人間を
巻き添えに喰わせちゃダメでしょうが。

乗せられて株を買った人達の自己責任も問われそうだけれど、
粉飾決算まで付いたから「虚偽の報告」の罪も問われます。
イコール、それは投資家に対する背信行為であって、
堀江くん及びライブドアだけが非難されるべき事柄です。

仮に、実際は本人達が粉飾の意志がなかったとしても、
最終的に判断するのは証取法などの法律がベースだから
(いかにそれがザルだろうが)、
全ての可能性を練って防衛策を練るべきだったのでは。

もしかすると、チヤホヤされすぎて油断しきってたのかも。
小泉とか自民党執行部も味方してたし、余計にね。
でも、もう少し地道な方向も
見据えておくべきだったんじゃないかなぁ。

経営者としては「大胆かつ細心」で行くべきではないかと。

それが出来なかった時点で、堀江くんはアウト。
そんな感じです。
逮捕かどうかは行く末を見守りましょうか。

まぁ、僕自身は株も買えない「負け組」ですし、
ハッキリ言って堀江くんがどうなろうが
知ったこっちゃないんですが(苦笑)。

|

« 「回転」してたら火の車(爆)。 | トップページ | あと10日間。 »

コメント

まあ、あれっすよ、
手を汚し体を動かして、
得た金は嘘をつかんって事ですよ。
でも、そんなもまっとうな人が報われる世の中は、
そうそうないんですねえ。
証券や、株なんて、
場末の神社の丁半博打なんだから、
それが世界を動かす位置にいるのがおかしいんですよ。
ゲームは、ゲーム。
それにしても東証はしょぼかった。。

投稿: 雄三 | 2006.01.20 16:45

雄三様>

>手を汚し体を動かして、
>得た金は嘘をつかんって事ですよ。

…という風潮が廃れてきていたのは事実ですね。
僕も、資金さえあれば株やってたかもしんない(笑)。
幸か不幸か、今は身ひとつで稼ぐしかないですが。

>証券や、株なんて、
>場末の神社の丁半博打なんだから、

これは同感…僕のやってる競馬と変わらないって。
加えて、今回の粉飾決算って
競馬で言うドーピングや斤量不足などと
同じ様なモノでしょう。
が、基本的には出走取り消しや中止競走の馬券以外は
払い戻しできないのと同じで、
仮に「風説の流布」「粉飾決算」が確定したとして、
エントリーで書いた投資側の自己責任で
株券が紙切れになってしまった部分は、
これは仕方がない事なんだなぁと考えを改めました。
(※訴訟等で返還を求めるしかないけれど…)

まぁ、ドーピングしても勝てなかった「ライブドア号」に
八つ当たりするしかないですね…残念ながら。

何か、東証がライブドア株を「開示注意銘柄」や
「管理ポスト行き」にする可能性を示唆したそうで。
ますますどツボにはまっているようですな。

投稿: kikka | 2006.01.21 05:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100929/8243245

この記事へのトラックバック一覧です: 「回転」してたら火の車・その2:

« 「回転」してたら火の車(爆)。 | トップページ | あと10日間。 »