« 散々な有馬記念。 | トップページ | 今年を振り返る〜映像編〜 »

2005.12.30

今年を振り返る〜音楽編〜

今年もあと一日。個人的にはいろいろと波乱があった年であり、一進一退が続いた耐える年でもありましたね。

そんな中でも、相変わらずいろんな音楽は聴いてまして、場面場面でいろんな曲が流れて感慨深かったなという感じでしょうか。

音楽関連もいろいろとエントリーを重ねました。だから、ここで改めて紹介する必要もないんですけれどね。

ここ数年の私的な特色としては、新譜購入が激減しているという事ですかね。旧譜を改めて聴いて、新たな発見に驚くという場面の方が圧倒的に多い。いわゆる「温故知新」の態度とでもいうのかな。

逆に近年のモノに興味を抱かなくなっている点は否めない。これは年齢の問題なのか、若年層の感性について行けなくなっているのか、あるいは若年層の感性自体が深みがなく不満なのか、いろいろとあるでしょうけれど。

でも、優れた音楽ってのは時代を超えて語られるべきモノだと思います。自分が取り上げた作品ってのはそうだと思っていますし、そういう作品をチョイスしている自信もあります。

それから考えると、昨今の音楽ってのは総じて薄っぺらくなっちゃってる感があります(※もちろん、例外はあるけれど)。まぁ、娯楽が多様化しているから印象に残りにくくなっている面は否めないですがね。

---------------------------------------

エントリーしたのは20数作品。その中でも「05年のNo.1」を選ぶとしたらこれでしょう。

Nine Inch Nails / With Teeth

6年くらい新作を待っていた事がありますし、トレント・レズナー自体が僕の3本の指に入るお気に入りアーティストでもあります。が、トレント自身がファンの無責任な期待を上回る会心作をスパッと提示した事は、やはり素晴らしい。6年の ブランクが煮詰まり感を示しているという意見もあるでしょうが、彼自身の「心象風景に素直に従う純粋なサウンド」は現代では比類するモノがないと確信しております。

一番聴いた曲が、このアルバムからのファーストシングルカットとなった「The Hand That Feeds」でしたから、当然の帰結でしょうね。

---------------------------------------

全般的には、ヘヴィな楽曲から遠ざかっちゃったなというのがあります。よく聴いたアルバムが、イーノとかマイルスとかバンドとかラノワとかライ・クーダーとかでしたから。
ただ、ハードロック系、オルタナ&ミクスチャー系で目立ったモノがあったかというと、やはりそうではなかったかなぁという印象。ザック・デ・ラ・ロチャが待望のリーダーアルバムを発表すれば一気に突き抜けそうな感はありますが(笑)、そういうサプライズも今年はなかった。

却って、爆発男!さんが送ってくれたフジロックのDVDに収録されていたソウル・フラワー・ユニオンとか、11月に聴いたディランのライブ盤とか、pioさんが送ってくれたマイルスのブートとか、そういうモノに衝撃を受けました。

より演奏者の感性が前面に出てくるモノを好んでいるのかなと、考えているところです。

---------------------------------------

最後に一つ。

CM関連とか懐かしのTV番組関連とか、そういう曲を聴くのが特に多くなったのは今年の特色でした。さもすれば時代と共にフェードアウトしそうな楽曲ではありますが、ああいうのを聴いてると「日本も捨てたもんじゃないなぁ」と思ったり。

上手くまとめられませんでしたが(苦笑)、今日はこんなところで。

|

« 散々な有馬記念。 | トップページ | 今年を振り返る〜映像編〜 »

コメント

>近年のモノに興味を抱かなくなっている

これ、俺もそういう傾向強まってますね。
過去のもので、聴き逃していたもの、新たに知ったものを聴くことが多くなってます。
新しいものも大いに興味は持ってはいるんですが、なかなか自分の耳にフィットするものは少ないですね。

今年は、個人的にネットで繋がった方々にインスパイアされた年でもありました。
もちろん、kikkaさん含めて。
そうすると聴きたいものがどんどん増えていくんですねえ、これが。(笑)
嬉しい悲鳴ってやつですね。
ま、来年もよろしくということで。

投稿: piouhgd | 2005.12.31 02:30

pio様>

どうもどうも。

>新しいものも大いに興味は持ってはいるんですが、
>なかなか自分の耳にフィットするものは少ないですね。

これ、たぶん僕らのフィルターとは
別の所を通して解釈しているからじゃないかなと。
それが馴染めないというのが本当ですね。

例えば、20代の若造と、僕らの年代が、
アントニオ猪木に対する思いが違うのと同じでね。
若造はキャラクター化した猪木しか知らないだろうし、
逆に僕らは「馬場のアンチテーゼとしての猪木」を知ってるしね。
そういう感覚の違いってのはあると思います。

>ネットで繋がった方々

僕にとってはあなたがそう(笑)。
まぁ、たまたま似通った所を聴いていたから、
すんなりと意気投合できた事はあったかな。
見聞が広がるのはイイ事ですよ、お互いに。

>ま、来年もよろしくということで。

まだ、1つ2つエントリーしますよ(笑)。
今度は「得意な」懐かし映像編という事で(爆)。

投稿: kikka | 2005.12.31 05:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100929/7907969

この記事へのトラックバック一覧です: 今年を振り返る〜音楽編〜:

« 散々な有馬記念。 | トップページ | 今年を振り返る〜映像編〜 »