« 唐突ですが。 | トップページ | 最悪の誕生日。 »

2005.10.02

こんなモノが我が家に来ました。

タマに当ブログのエントリーにもご登場になる「富士市に住む仲良しの元顧客の先生」から旧型のMacを譲り受けた。引っ越しの為に処分に苦しんでいた所に助け船を出したという感じだろうか。

 9600_1

機種名はPowerMacintosh9600/200MPです。機種名を聞いて"嗚呼、何もかも懐かしい"(※沖田艦長風に読んで下さい)と思ったあなた、間違いなくMacのヘビーユーザーです。

製品仕様はこちらから

(※Apple サポートページより)

僕はこの白くて大きな筐体って結構好きなんです。
この辺りから始まり「G3/MT」まで筐体のデザインが受け継がれていった時期のMacにはもの凄く憧れていたんですわ。
そもそもMac屋さんになろうとした理由というのが、この時期の製品を社販で買うためというものだった(笑)。結局、Mac屋になった時期というのはG3にスケルトン素材が使用されるようになってからではあったので、1〜2年くらい行動が遅れてしまったのだけれど。

で、このマシンのフタを開けてみるとCPUが外れていた(笑)。まぁ、先生から先に聞かされていた話ではあったが。
ただ、いわゆるADB接続対応のマウスとキーボード(古くからMacユーザーな方は、ご存じでしょう>ADB)も無かったので、貰ってきた初日(29日でした)にはテスト動作すらできなかった。我が家にあると思っていたのだが、今年の初めに一気に処分していたのをすっかり忘れていた(泣)。すぴぞう君に頼んで余っているマウスを譲ってもらったが、キーボードはジャンク屋にでも探しに行かなきゃならないかなぁ。

話をCPUがなかったというところに戻す。先生が取り外していたのは、以前は「G4アップグレードカード」を取り付けていて、そのために元のPowerPC604e/200MHzというプロセッサを取り外してあったワケだ。事情があって、別の機械にG4カードを取り付ける事になったのだろうけれど、先生自体がPowerBookG4やG4/Cubeなどを所有しているので使用頻度が少なくなった事も関係しているんだろうな。手持ちぶさたで放ったままにしてあったという事だ。

上記の事を承知で譲り受けたのにはワケがある。実は別の元顧客との関連でSonnet社製のG4アップグレードカード(←G4/800MHz)だけを所有していたのだが、それを取り付けるべき肝心の本体が手元に無かった。だから僕にとって、まさに渡りに船な話だった。

9600_3 9600_2

早速CPUを取り付けて、ハードディスクを初期化して「MacOS 9.1」をインストールしてみる。ちなみにSonnet社のアップグレードCPUは「OS 9.2」上での動作が出来ない(9.2のシステムCD起動をさせインストールしようとしても不可だった)。
実装されていた96MBのメモリを、「仮想メモリ」で割り当てを256MBまでに引き延ばした上で簡単な作業をしてみたが、仮想メモリを使用している割には軽快にサクサクと作業が出来て快適。ウインドウリサイズとかクリック後の反応とかも負担を全く感じなかった。これはなかなか使えそうな雰囲気だというのが率直な感想だ。

ひとまずは第一歩を踏み出したという感じ。
ただ、例えば「OS10.2」などをインストールする場合は、いろんな部分にパワーが必要になるだろう(Sonnet社では、10.2=Jaguarまでの動作を保証している)。
一つはメモリの搭載を多くする事。もう一つは現在2GBのハードディスクを取り外して大容量のモノに交換すべきだろうが、それにはATA対応のPCIカードを差し込む必要も加えて出てくるだろう。更にはUSBやFireWireのインターフェイスも取り付けたい所。それらのアップグレードに対応させるために、電源BOXも入れ替える方がベターだろう。

いろんなネット通販やサイトを見てみたが、お金はそれなりにかかるかもしれない。けれど、こうした融通が効くタイプのMacをいじっている時はワクワクして面白いモノだ。しばらくはあれこれと思案して、ジックリと遊びながらいじってみる事にしようか。

…月曜日には仙台旅行が待っているのに、こんな事をしていていいんだろうか(苦笑)。

|

« 唐突ですが。 | トップページ | 最悪の誕生日。 »

コメント

だからぁ〜,FW&USBのカードは挿してるんだって言ったじゃん(笑)
外しちゃってたっけかなぁ???

投稿: bluenile | 2005.10.02 16:53

bluenile様>

ご本人登場ですか(笑)。

あのですね、取り敢えずラトックのFW&USBカードは認識しますよ。
ドライバーをインストールしてみましたが、
FWが上手く行かないですが、USBは問題なく認識しました。
まぁ、USB Card Supportのお陰なんでしょうけれどね。

ただ、どうしても片づかない問題があって、
システムCDのブート時には
当たり前ですがUSBカード自体は認識しないんですよ。
それだったら、キチンとADBマウスとキーボードを用意するのが
最良の選択なワケですな。

本日、S君(ジャンク屋)の所に行ったら、
ADBキーボードが600円で売っていたので入手しました。
だから、これで何とかなるんじゃないだろうかと。

順調に動作しています。
ここで言うのもなんですが、ありがとうございました(笑)。

投稿: kikka | 2005.10.02 18:10

追記です。

USB&FWは、OS10.2以上にも対応のものにしたいんですよ。
ラトックのモノは、9止まりですね。
それを書くのを忘れていました(笑)。

投稿: kikka | 2005.10.02 20:14

会社に入った頃、クワドラ840AVが欲しかったんですよねぇ。
出も、当時はメモリを64MB(笑)も積むと、80万ぐらいしましたから。
それを考えると、PMG5なんてただみたいなもんですね。

ちなみに我が家の初代MacであるLC520は、捨てるに捨てられず、未だにデッカイ箱に入って鎮座しています。そろそろ処分しないといけないんだけどなぁ。ほしけりゃあげますよ?

投稿: 斑牛の伊達 | 2005.10.02 21:52

伊達くん>

>クワドラ840AV

当時は高かったんだけれど、今となってはねぇ。
まぁ、価格が安くなったという事は、
それだけ一般に浸透した証拠でもあるんでしょうけれど。

ただ、Macの世界だとPCIバスとNubusバス、
PowerPCとLCプロセッサ、現状だとその差は大きいモノがありますな。

>LC520

これはパス(爆)。
アップグレードとかも全く出来ないじゃないの。
いっそのこと、バラバラにしてしまえば危険物扱いにできないかな?

これは、あなたに「Mac博物館」を作れという神の思し召しかも(笑)。

投稿: kikka | 2005.10.02 22:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100929/6210531

この記事へのトラックバック一覧です: こんなモノが我が家に来ました。:

« 唐突ですが。 | トップページ | 最悪の誕生日。 »