« ちょっと、COFFEE BREAK。 | トップページ | メールアドレスの変更。 »

2005.10.28

今度の日曜日は天皇賞。

ハイ、当たらない競馬予想のコーナーです(自虐的に)。

第132回天皇賞(秋)の確定枠順が発表されました。

第132回 天皇賞(秋)確定枠順

※Yahoo!スポーツ 競馬より

今回の秋天を考えるにいくつか注目した事がありました。

1:JRA秋期競馬番組表上にての初出走馬が多い。
2:本年度古馬G1の勝ち馬が殆ど出走。
3:「海外からの直行馬」がいる。
4:3歳菊花賞トライアルからの直行組が2頭いる。
5:今年から指定競走→国際競走へと条件変更。
6:サブタイトルは「エンペラーズカップ100周年記念」。
7:87年以来久々の「天覧競馬」(天皇陛下来場)。

【解説】
1)→1番人気になるであろう昨年の勝ち馬・ゼンノロブロイの他、G1ホースであるアサクサデンエン、スズカマンボ、タップダンスシチー、アドマイヤグルーヴがこぞってこのパターン。あとは札幌記念(←夏期番組表上の重賞)を勝ったヘブンリーロマンス。
2)→春の天皇賞馬=スズカマンボ、安田記念馬=アサクサデンエン、宝塚記念馬=スイープトウショウ。スプリンター部門以外のメンツが全て揃ったのは久々で、春の天皇賞馬は01年のテイエムオペラオー以来、安田記念馬は99年のエアジハード以来、宝塚記念馬は02年のダンツフレーム以来の出走となる。
3)→もうお解りですね。ゼンノロブロイが英国G1(インターナショナルS)から直行となります。
4)→キングストレイル(セントライト記念1着)、ストーミーカフェ(神戸新聞杯出走)の2頭。
5)→純粋な外国の競走馬が出走可能になったという事。
6)→"記念競走"の別冠が付くケースはG1競走では特殊。昨年の秋天に「JRA50周年記念競走」というサブタイトルが付いたかどうか、誰か教えて下さい。
7)→天皇陛下の行幸啓は86&87年以来(※当時は皇太子)。

上記を考えた上で改めて天皇賞の枠構成を見てみると、何らかの関連づけで同居している事に気付くでしょう。細かい記述は省くとして、1の条件に当て嵌めて考えてみます。

秋期番組初出走組→1・3枠
秋期番組出走済組→2・4・6枠
ミックス組   →5・7・8枠

以前の天皇賞秋で「外国産馬の出走が許可された時(00年)」は、外国産馬の出走できる条件に当て嵌まった馬たちが1着から4着までを独占しました(※毎日王冠・京都大賞典・オールカマーの1着馬と賞金上位馬)。
今回同様のレースだった春の天皇賞をサンプルにしてみると、馬券対象になった馬の中でトライアル的レースを使ったのは3着のアイポッパーのみで、スズカマンボ&ビッグゴールドという連対馬はオープン特別を経て春天に臨んだ馬でした。00年の秋天とは異なる事をやって来るんじゃないだろうかという推測が成り立ちます。
例えば、01年の秋天を勝ったアグネスデジタルのような「地方競走経由でJRAの秋期番組に初出走した馬を1着に持ってくる」というパターンを想像する事ができるでしょう。
外国馬の出走に関して必要な条件の詳細を知りませんが、日本でのトライアルレース等の実績は関係なくいきなりの出走が可能なはず(←賞金や格付けで選考するだろうけれど)。そうすると、例えば1着が「外国馬とほぼ同じ様な条件」の初出走組、2着がミックス組、3着が出走済組という感じの組み合わせになるのでは無かろうかと踏んでいるんですが(←組み合わせはご自由に)。

それともう一つ国際化に関連して、今年のJRAの競走体系は軒並み「国際競争」へと変貌しているのですが、04年までに国際化したモノ・本年国際化したモノ・06年に国際化する予定のモノという3つの区分けが出来ます。

競馬番組表上の外国産馬の取り扱いについて
※JRAホームページより

完全国際化から除外されている「3歳重賞」はおいといて、古馬重賞競走でまだ国際化の波から外れている競走(←即ち06年から国際化)の勝ち馬が一頭います。
札幌記念勝ち馬の1枠1番・ヘブンリーロマンスがその該当馬です。彼女はイコール「来年以降はもう出走しないタイプの馬」であるという事が言えます。彼女及び同枠馬には注意を払った方がいいんじゃないかと考えています。

これらを考慮し、気になる順番に注目馬を挙げておきます。

◎スズカマンボ(1枠2番)
○ゼンノロブロイ(7枠13番)
▲アサクサデンエン(3枠5番)
△タップダンスシチー(3枠6番)
△スイープトウショウ(7枠14番)
△ホウキパウェーブ(4枠7番)

馬券の組み合わせは明日以降にという事で。

<今回のTrackBack送信先>
天覧天皇賞枠順決定!(トレンドフォローの旅さん)

|

« ちょっと、COFFEE BREAK。 | トップページ | メールアドレスの変更。 »

コメント

さりげなく副題をつけた天皇賞ですが、100周年の「100」に意味を考えるとき、過去に100回を超える競争(天皇賞や目黒記念など)では、3枠が馬券になっている筈です。

今年は紀宮様がご結婚されますし、東京で紅葉特別なるレースがありますし、3枠中心に考える天皇賞です。
同じゾロ目定量戦(58㌔)のGⅠである安田記念の勝ち馬の枠でもあります。
次のマイルチャンピオンシップもゾロ目開催ですので、どちらかでゾロ目決着があるような気もしています。
あるとすればマイルチャンピオンの方かも。

春の天皇賞とダービー以外は何が勝ってもいいレースですから、秋の天皇賞も(今回は特に)何が来てもおかしくないと思います。

投稿: hiroshiです | 2005.10.28 08:47

hiroshiです様>

>3枠が馬券になっている筈です。

菊も秋華賞も3枠が連勝圏内に入っていますね。
そんな意味でも要注意だと思っています。
一応、10月開催のG1レースですから。

>春の天皇賞とダービー以外は何が勝ってもいいレース

それでもJRAの意志は何らかの形で反映されるかと。
サンプルとして00年と01年を出してみましたが、
競争条件の変更時には
それらしき結果になるのが日本の競馬です。

話は変わりますが、
先週の菊花賞はアドマイヤジャパンが2着でした。
戦前の予想では3000mは血統的に難しいと言われてました。
でも、2着に来てしまえば、
後付けでいろんな解釈が出来ますよね。
例えば横典の好騎乗、例えばペース配分、
例えば戦前とは別の血統的裏付けなど。

でも、ハッキリとは解らないけれど、
何らかの「鉄の掟」みたいなモノが存在するからこそ、
アドマイヤジャパンは「菊2着」になったのだと。
番組表を綿密に立てての競走施行をしている裏には、
競走の出走条件に当て嵌まる馬がいるという事。
それを見抜く事が的中馬券の近道だと思っています。

投稿: kikka | 2005.10.28 11:21

日本の競馬は、世界に類を見ない賞金体系を基に構築されているらしいです。
枠連のような馬券があること自体、世界とはかけ離れた競馬が行われているということです。
少なくとも、国が経営している(農林水産省の管轄ですから)以上、単にギャンブル、娯楽として競馬を施行していると考えるのは短絡的ですね。
農林省の管轄ということは、馬産という経済活動を保護する役割があるはずです。

秋の天皇賞は何が勝ってもいいという考え方は、片岡氏の受け売りですが、よくよく考えてみれば、ルドルフを破ったギャロップダイナは条件馬でした。
条件馬でも勝っていいレースという意味です。
春の天皇賞では、こうはいかないと思います。
牝馬にしても、春の天皇賞ではグレード制導入後、勝った歴史はないと思います。

この1年間で条件レースを走った経験のある馬は①、③、⑤だけです。
片岡氏によれば、1年間オープンレースのみ出走した馬の枠と条件レースを経験した馬の枠の組み合わせが天皇賞のルールのひとつと書かれていました。
1枠、2枠、3枠の連対枠の根拠のひとつです。

まだ時間はありますので、いろいろ考えてみたいと思いますが、どうしても3枠が気になってしょうがない今現在です。

投稿: hiroshiです | 2005.10.28 19:22

hiroshiです様>

なんか、二人のやり取りは浮いてますね(笑)。

>片岡氏の受け売り

基本的には僕もそうです。
ただ、以前にも書きましたが、
彼の理論に全幅の信頼を置かないまでも
JRAが施行している日本競馬の「森を見る」行為に
繋がるのではないかと確信しています。

>秋の天皇賞は何が勝ってもいい

その話ってのは解るんですよ。
ギャロップダイナの件も了解済みの話ですし、
春天に比べて条件馬がスポイルされていない事も。
ただ、何らかの役割を果たすために
今回の18頭は府中に揃ったという事、
ここをはき違えてしまうとマズイかなと今回は思ったんです。
「国際化」という事実は日本の競馬を左右する一大事です。
だから、通常の秋の天皇賞とは違うレースだという事を
頭に入れておかなければいけないんじゃないでしょうか。

>天皇賞のルールのひとつ

"hiroshiです"さんと似た形ですが、
僕の場合は「春の天皇賞以後」と期間を考えています。
日本の競馬がダービーと春天を起点に
施行されていると仮定するならば、
春天終了時からの実績と限定してもいいのかなと。
そこで夏期と秋期番組表に足を踏み込んでいるモノと
踏み込んでいないモノとに分けてみる事にしました。
角度が少し違いますが、
考え方としては似ているのではないかと思っていますが。
でも、条件馬に対する考え方は参考にします。
アドバイス、ありがとうございました。

どう考えても「3枠が匂う」のは間違いないんですけどね(笑)。
今日の時点でアサクサデンエン、スズカマンボ
そしてゼンノロブロイのボックス馬券は
必ず買おうかなと思ってます。

リンカーンは消します。
語呂合わせだけど、天皇陛下来場で
「アメリカ大統領」はないだろうって(爆)。

投稿: kikka | 2005.10.28 23:05

ALL>

いま、某所のパソコンでコメントをカキコしてます。

枠連「1−7 配当2,200円」をゲットしました。
詳細は、また後で。

投稿: kikka | 2005.10.30 19:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100929/6691158

この記事へのトラックバック一覧です: 今度の日曜日は天皇賞。:

» 天覧天皇賞枠順決定! [トレンドフォローの旅]
天皇賞の枠順が決まりましたね。出馬表を見て不思議に思うのは、安田記念出走馬が多い [続きを読む]

受信: 2005.10.28 08:49

« ちょっと、COFFEE BREAK。 | トップページ | メールアドレスの変更。 »