« しまった! | トップページ | ディープインパクト、強過ぎる! »

2005.09.24

緊張感があるっていいね!

今日はJリーグの優勝を左右する大一番、首位のガンバ大阪と2位の鹿嶋アントラーズとの直接対決。

gamba1 kashima

大事なゲームだけに選手の動きも、ベンチの表情も、そして観客席も緊張感一杯な感がある。こういう試合ってJリーグでは年に何度も味わえるモノではないので、けっこう楽しみにしていた。

前半の9分に鹿嶋が本山→アレックスミネイロ→小笠原のポストプレーからガンバのDFをこじ開けて得点を挙げる。こういう時は一瞬のポカッとした間を開けてしまうと得点が決まる。それがよく解るような得点だった。
一方のガンバはフェルナンジーニョが二人がかりでマークされていて、なかなかいい形での攻撃が出来ていない様子。

まぁ、首位攻防戦の名に恥じないような試合をしていただきたいモノだ。

<追記 21:00PM>
あれで勝てないかなぁ、ガンバは。どうやったら残り時間2〜3分で双方が得点を挙げられるのよ?

試合全体としては前半は鹿嶋、後半はガンバのゲームだったかな。お互いに守備のミスや気を抜いた所があったためにここまでもつれちゃった形。まぁ、ミスを見逃さなかったお互いの攻撃陣が見事だったという事かもしれないが。

ガンバを見ると、大黒&フェルナンジーニョ&アラウージョは破壊力があるなぁ。ただ、この3人にボールを供給する二川と家長の頑張りがあってこそ攻撃陣が機能する事もよく解った。前半は鹿嶋にサイドアタックを封じ込められていたからどうなる事かと思ったが、鹿島のプレスがかからなくなった時からの圧力は目を見張るモノがあった。
逆に守備陣は3バックだから両サイドを早めに突かれてしまうと脆そうだったかな。宮本を中心に上手く守っている印象はあるけれど、自分たち攻撃陣のプレッシャーが軽減されちゃうと案外持ちこたえられずに脆いかなぁと。

鹿島の方は、前半はゲームプランが上手くハマってましたね。深井と増田という両アタッカー、新井場と青木という両サイドバックが決して引かない事で相手の両サイドを自由にさせなかった。曽ヶ端のキックミスからの失点で少しキレちゃった感じがあったけれど、爆発的な攻撃力を持つ相手にあれだけの試合運びが出来るのは、やはり基本的な組織がキッチリしているからかなと。
攻撃陣は、今後は鈴木隆行がどれだけ好調時に戻ってくるかなという感じ。ああいう身体を張るトップの選手が一人いると、中盤以降の選手が上手く絡めるだろうから楽になりそう。今後は彼の活躍がポイントになってくるんじゃないだろうか。本日の最後の得点は、その鈴木が上手く絡んだ結果だったしね。

まぁ、いい試合だったんじゃないでしょうか。

1位ガンバ・2位鹿島・3位浦和・4位磐田・5位千葉・6位セレッソまでが残り9試合で勝ち点差8の中にいるから、まだまだ混戦になりそう。ガンバ、千葉、セレッソあたりが優勝してくれると個人的には面白いと思ってるのだが。

|

« しまった! | トップページ | ディープインパクト、強過ぎる! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100929/6097853

この記事へのトラックバック一覧です: 緊張感があるっていいね!:

« しまった! | トップページ | ディープインパクト、強過ぎる! »