« 広岡先生、サイコー! | トップページ | 「牙」ー江夏豊とその時代 »

2005.08.17

センスが無さ過ぎ。

亀井静香が新たに起こす新党の名前が「国民新党」だって。もう少しひねった名前を付けろよと…日本新党、新進党クラスのセンスがない名前だなぁ(苦笑)。

それにしても、小泉純一郎は上手くやったなという感じ。

郵政民営化というのは確かに構造改革の最優先課題なのかもしれない。それこそ過去の国鉄や電電公社の民営化と同様、最大の懸案事項なのは解る。法案をまとめたいと焦る気持ちも解らないではない。
けど、中曽根康弘(元首相)が土光敏夫さんを臨調の会長職に据えて行革を行っていた時代、自民党の中で行革反対派がいたとしてもそれを切ってしまう事は無かったように思う。仮に一つの懸案で反対をしていたとしても、その他の懸案で能力を発揮する議員だっていると思うし、そういう懐の深さが自民党を揺るぎない政権党にしていたんじゃないかと。
政府ってのは四方八方に気配りを見せるはずなんだが、今回のこの固執振りを見ると、例えば外交政策、例えば福祉政策、例えば景気回復政策などのつまづきを、郵政民営化をスケープゴートにして帳消しにでもしたいのではないかとも思える。
で、身を切って見せたというパフォーマンスにも見える。まぁ、面倒臭い人材が離れる事は、駄々っ子の小泉にはちょうどいいんだろうけれど(笑)。

今回の揉め事は、小泉が自民党全体を掌握できていないから起こったんでしょ? 内部調整すら上手くできない人間に、国の舵取りを任せるのは危険じゃないの?

どうせワガママを言うんだったら、もう少し強いタイプの首相に言われたいものだ。僕から見たら、小泉も亀井も阿部も福田も同じだ。
三角大福&中曽根クラスの首相は、もう現れないのかなぁ。

---------------------------------------

それと今回、郵政民営化に反対した議員の選挙区に送り込む「刺客」候補を見ると、財務省関連の人間が多い気がするのだが。

これって「族議員」に代わる新しい癒着?
それとも財務省による日本支配ってワケ?

ちょっと腑に落ちない点ではある。

|

« 広岡先生、サイコー! | トップページ | 「牙」ー江夏豊とその時代 »

コメント

中曽根の場合は、田中曽根内角でもありましたからね。特定郵便局関係者が票田の田中派を刺激できなかったと言うことですね。けっきょく、角福戦争の怨みをここで晴らしているという見方もできるんですが。

頼朝や信長ではないですが、ここで息の根を止めないと、角栄型地元利益誘導型政治は潰せないという切迫感もあると思いますよ。日本的には嫌われますが、今の時点では必要でしょう。これで公団の解体とか、官僚の寄生体質を潰すところまでいければ、たいしたもんですが……無理っぽいですね。

投稿: 斑牛の伊達 | 2005.08.18 02:20

伊達くん>

>中曽根の場合は、田中曽根内閣でもありましたからね。

風見鶏とか言われてましたね。
でも、その裏側で臨調の様な私的機関も作り、
土光さんみたいな優秀な人材を上手く登用したと。

小泉のやってる事は、中曽根路線と変わらんと思うのですよ。
でも、彼の場合はパフォーマンスばかりが先走ってるようで、
非常に不快な感じがしています。

今回は、一つに固執する事のデメリットしか感じられない。
今国会は郵政関連が最重要課題だったとはいえ、
他の課題にも注目して欲しい向きだって確実にいたんですよ。
審議もされずに廃案になっちゃった法案がいっぱいあるじゃない。
そういうモノへの期待感があったのに、
それについてはどう思っているんだと。
もしかしたら郵政よりも僕らに近い話だったのかもしれないのに。

正直、もう少し上手い立ち回り方もあるだろうと思うのですよ。
国会の会期をある程度済ませてから解散しても良かったし、
郵政関連を一番最後に持って行く事だってアリだったろうし。
これだけ揉めるって解っているのに、
それに向けて通常の根回ししかやってないんじゃ、
戦略がヘタだと言わざるを得ない。

それと財務省出身者の話を書いてみましたが、
予算関連は財務畑が得意とはいえ、
今回の多数の立候補は何だろうという感じです。
何かあの省だけ突出してしまった感じがして、不安です。

>角栄型地元利益誘導型政治は潰せない

僕は潰さなくてもイイと思っているクチですね。
国会議員だって地区毎の選出なワケだから。
商売に絡んでいると、潰せないとヒシヒシ感じますよ。
地域の話なんて中央に届いていないケースが殆ど。
だったら、地元重視の議員の選び方もアリだと思ってます。
角さんの場合はやりすぎだったとは思うけれどね(苦笑)。

ただし、国政と地元とのバランスは取って欲しい所。
そういうセンスが議員側には求められますね。

投稿: kikka | 2005.08.18 03:35

けっきょく、その利権議員を潰さないと重要な法案も通らないわけですから。優性より重要な懸案事項(例えば年金とか拉致問題とか)はありますが、とにかくそれをなんとかする前の抵抗勢力潰しは、絶対に必要です。

小泉首相が独裁者になる可能性を言う人もいますが、無限に任期を延長できるわけでもなし。田中形政治による数に物を言わせた政治が、小泉が炊かずに物を言わせた政治になる可能性はあるのですが、そうなったところで日本の政治環境はあんまり変わらないと思います。

むしろ、郵政をなんとかすると首相になる前から言い続けて、実際になった後でイモを引かなかった分、自分は評価しています。中曽根さんは政治家としてはすごく評価するんですが、売上税の時に大型ではなく中型という言葉の誤魔化しを使ったために、直接税と間接税の違いもわからないマドンナ議員というバカどもを呼び込んじゃったでしょ。

時代の差もあると思うんですが、そう言う部分では、中曽根さんは逆にパフォーマンスがヘタだった(本人は割りとシャレと愛嬌がある人だったんですが)。危険性はあるが、今は小泉に任せるしかない、と言うのが自分のスタンスですかね。

投稿: 斑牛の伊達 | 2005.08.18 21:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100929/5518172

この記事へのトラックバック一覧です: センスが無さ過ぎ。:

« 広岡先生、サイコー! | トップページ | 「牙」ー江夏豊とその時代 »