« 「牙」ー江夏豊とその時代 | トップページ | 恐るべし、デューク更家(笑)。 »

2005.08.19

小泉純一郎の功罪。

17日の話の続き。

僕は小泉純一郎が首相になる以前から大嫌いである(笑)。

もうね、甘い言葉を囁く人間には裏があるって感じで、どうも信用できない。彼のタイプは「いっちょかみ」が似合ってる。ハマコーさんみたいにドスも効かないし、中途半端なチンピラが親分になっちゃった風で「なんだかなぁ…」というのが第一印象でした。

個人的には、小沢一郎あたりに首相をやってもらいたかったんだけれど、自民党を離れちゃったから多分もうチャンスはないだろう。彼の日本改革論みたいな著書があって「そこまで言うならやって見ろ!」ってずっと思っていたのだが、自らチャンスを放棄しちゃった気がする。
仮に岡田さんじゃなくて小沢が党首をやっていたら、僕は民主党に投票する。今回のマニフェストは情けないのは横に置いてもね(苦笑)。

8月18日付の日経BP『立花隆の"メディア ソシオ−ポリティクス"』でこんな論調があった。

日本経済まで「ぶっ壊す」
小泉改革の幻想と実体

僕は立花隆という人自体はあまり評価していないのだが(←だって、僕は田中角栄が好きだもの)、今回は意見が合うなぁ(笑)。特に以下のくだりは同じ事を思っていたので「同様の考え方をしている向きはあるんだなぁ」と半ば感心してしまった次第。

「改革には痛みをともないます」という掛け声をかければ、デフレ、ゼロ金利、リストラ、失業の増大という三重苦、四重苦を強いられている国民が、みんな「改革のために」と思って我慢してしまうというこの従順な国民たち!

「財政改革が急務です。プライマリー・バランスを回復するためには、サラリーマンの負担を増やす必要があります」の掛け声がかけられて、増税がはかられ、「年金制度が破綻しそうなので、もっと受益者負担を」「健康保険制度が破綻しそうなので、もっと受益者負担を」と、国民負担が増大する一方で、世界有数の国民負担が重い国になりつつあるというのが、小泉改革の実態ではないのか。

そして、小泉が重要視している郵政民営化問題に関してもこう書いていたりする。

"国民の圧倒的少数者しか関心のない"

最初に書いた通りに、「改革」とか「自民党をぶっ壊す!」とか耳障りの良い言葉を並べ立てキャンペーンを張ってきた小泉に、実体も解らないまま盲目的に国民が付いてきちゃった光景に、ずっと違和感を持っている。
気が付いたら、経済面は株やってる上っ面の人間だけは好調かもしれないけれど、市井の人間の負担は増えるばかり。外交だって北朝鮮の問題とかイラク派兵問題や近隣諸国との関連で後手後手に回る始末。
正直、日本国民である事の自信は失われるばかり。そんな傾向に嫌悪感をずっと感じています、ハイ。
だからといって、僕もこうやってblogに書くくらいしかできないのだから、同罪である事は間違いないのだが。

そういえば、元の会社のバカ社長も「小泉、ぶっ壊せ!」とか言ってたクチだなぁ(苦笑)。そんな現状認識しかできないから、お前は苦境に立たされるんだよ(爆)。

確かに国会議員(not静岡←解る人だけ笑って)の利権体質は何処かで解消されなければいけないけれど、あくまでも政府の最優先課題は「国民が満足な生活を送る事が出来るか否か」だ。それが出来ていない訳だから、小泉への判官贔屓的な評価には眉唾にならざるを得ない。
逆にキチンと政局&政府を運営してくれたら、いくら政治家が利権を握ろうが大した問題ではないと思うくらいの大らかさがあってもいいんじゃないかと思っている。まぁ、それが出来ていないから文句を言う訳だけど…。

で、郵政民営化だが、ここまでの不始末のスケープゴートにしか過ぎないというのが僕の個人的見解。立花以外にもその点を訴えるメディア関係者がいてもいいと思うのだが…。

メディア自体も小泉に酔ってるから、無理な話か(苦笑)。

|

« 「牙」ー江夏豊とその時代 | トップページ | 恐るべし、デューク更家(笑)。 »

コメント

自己レス。

森永卓郎も似たような事を書いてました。
興味のある向きは【8月19日付 朝日新聞朝刊】をお読み下さい。

やっぱり、全ての事象は経済的な所から読める。
彼の言う所の「見えない人達」の切迫感が感じられる今日この頃だ。

投稿: kikka | 2005.08.19 11:40

小泉が甘い言葉?
各党のマニフェスト、見ていますか?
空理空論と甘い言葉のオンパレードじゃないですか。
郵貯の限度額を500万位する、程度のことしか言えない最大野党、福祉と家族を掲げて甘い言葉を連ねる公明党、取るに足らない共産党、チクロのような旧社会党。

小沢一郎は、自分も個人的な関係もあって期待していますが、理念は面白くてもけっきょく政治的手腕には疑問符。対米追従という部分では小泉とスタンス変わらないし。小沢の政策って、小渕さんのあたりで自民党が代行しちゃった部分もあるし。

国民が満足な生活というのは賛成ですが、それが短期的か長期的かを問わないと。田舎の土建屋が公共事業を持ってきてもらって、何件かのレベルで潤うのといっしょ。それを繰り返せと? 単に景気を良くするんだったら、大量の赤字国債発行して公共事業ばらまけば、簡単な話ですよ。

それじゃあ短期的スパンでしか潤わない、だから土建屋が自民党にベッタリになる、特定郵便局の連中が自民党にベッタリになる。自民党は地場産業が育つと、労働組合ができるので、そういう土建屋型施策を続けてきて、道路や橋に税金を無駄遣いしてきたんでしょ。

地場産業をちゃんと作って恒常的に富を生むシステムを構築しないと、利権体質・税金垂れ流し体質・癒着体質は変わらないでしょ。経済特区という形で、そういう試みをやってるのは小泉のビジョンが中曽根よりもう一歩踏み込んでるから。

世界のHONDAを生んだ静岡が、公共事業だよりってのは情けないという気概が欲しいもんです。ウチの田舎では、二階堂なんて政治家として評価してるのは一部の土建屋のみ。永田良吉という数十年前の市長、シラス台地で水が全然ないのを、ダムを造って灌漑施設を整えて農業生産を高め、当時は日本各地で受け入れを拒否されていたハンセン病の国立施設を誘致しと、国から金を引っぱっては来たけどそれが将来的に自立的に金を生むシステムを模索しました。

ハンセン病の国立施設は、高齢化社会にあって老人介護施設へと脱皮を模索し、永田さんの意志を継いだ連中による、市有地の格安払い下げによる企業誘致とかやってますね。他にはバイオ研究の優遇とか(農業県だし)。地方自治体だって、お金持ちからいっぱい税金をとろうなんてさもしい発想を切り替えれば、やれることはいっぱいあるはず。経済特区のひとつも申請できない政治家しかいないのなら、有権者の民度がその程度って事でもあるんですよ。

ウチの田舎は角栄型政治の悪いトコだけ真似してた二階堂と言う、最悪の政治家がいたのでつくづくそう思います。

投稿: 斑牛の伊達 | 2005.08.20 13:32

伊達くん>

また長文を書いたねぇ(笑)。
高校野球を見つつ、お付き合いします。

>各党のマニフェスト、見ていますか?
>空理空論と甘い言葉のオンパレードじゃないですか。

解って言ってますよ。
だから「マニフェストはどうしようもない」って書いたじゃない。
でも、小泉は生理的に嫌い。
僕だって毎回自民の候補に投票してるもの。
どう考えたって政権担当能力は彼らにしかないし。
仮に自民のマニフェストを社民が言ったり共産が言ったりしたら、
馬鹿馬鹿しくて相手にもしません。

でも、政権担当能力を持った自民だからこういう事を書くんであって、
その点はご理解頂きたい。
多分、他のblogでも同様の事を書かれている向きはあるけれど、
同じ感覚じゃないんですかねぇ。

>小沢の政策って、
>小渕さんのあたりで自民党が代行しちゃった部分もあるし。

それだけにご本人に手腕を発揮して頂きたかったと。
でも、ああいう形で仲違いすると、
さすがに復権のチャンスは無いですよね。

>国民が満足な生活というのは賛成ですが、
>それが短期的か長期的かを問わないと。
>田舎の土建屋が公共事業を持ってきてもらって、
>何件かのレベルで潤うのといっしょ。

あのね、正直書くと
この辺りは地方在住の中小の人間にとっては死活問題なんですよ。
浜松の現状を書くんだったら、
工場町ってのは大都市圏みたいな訳にはいかないの。
10年、20年よりも現在の方が大事なワケです。
田舎の土建屋とか言ってるけれど、
その下にも関連する人間は一杯いるし、
単純にその会社だけじゃなくて周囲も潤うって構図は、
壊してしまったらどうしようもない事だと思うんですよ。
実際にウチの市ってのは
ホンダ・ヤマハ・スズキというBIG3の関連会社で一杯なワケだし。
だから、急激に壊してしまうって事は
町一個が衰退する事も覚悟しなきゃいけない事にもつながりかねない。
そのデメリットも考えて欲しい。
現在が潤わなきゃ、後々の事を考える余裕もないんですよ。

悪しきものを潰してしまうのは賛成したいし、
僕らが我慢していくのもいいんだけれど、
突き進んでしまうと結局、僕らは国のために殉死してしまう。
そんなハメに陥るのは、ハッキリ言って嫌です。
自分本位かもしれないけれど、僕だって普通に生きたいですから。
まだ見ぬ子孫のためとか綺麗事は言えません、ハイ。

それまでの公共事業が失敗して、
その責任を捉えないままに「システムを変えます」って、いったい何?
そういう観点の反省は自民を始め日本の政治は全く行っていないでしょ?
高い所からものを見下ろすんじゃなくて、
もう少し下のレベルの視点が欲しいって言ってるんですよ。

それから考えれば、これまでの国の税金の無駄遣いも、
辞めてしまう事によって発生してしまう多額の予算も、
どっちも同じ…結局は僕らのところに降りかかってしまう。
今までと変わらないですよ、これじゃ。

今の政局、どうしてもシニカルに見ざるを得ません。

>世界のHONDAを生んだ静岡が、
>公共事業だよりってのは情けないという気概が欲しいもんです。

これは言い過ぎ(笑)。
それと「静岡」じゃなくて「浜松」だから(爆)。

>有権者の民度がその程度って事でもあるんですよ。

続けて浜松及び静岡の話をしますね。

この土地で話題になっているのが静岡空港建設の話です。
これに関してはワタクシは反対派。
仮にオープンしたとしても、何処の業界が潤うとかという話ではなく、
長期的に利益を得る事は場所的に難しいと考えるからです。
だって、東京や大阪に行くんだったらJR使えばいいし、
隣の愛知県に国際空港だってあるんだから、ムダですよ。
先に書いた事と矛盾してるけれど、そう思ってます。

もう少し税金を使う場所を官民の双方で考えれば、
お互いに納得できる落としどころはあると思っています。
静岡(特に西部地区)って土地は、
実はホンダ・ヤマハ・スズキの後ろ盾を持った議員が
目白押しだったりする(苦笑)。
そんな現状だと、やっぱり企業優位にならざるを得ない訳で。
かといって、反対派は共産のみだから←投票できんわ、これじゃ(苦笑)。

ならば企業に有利な税金の使い方じゃなくて、
こちらに還元されるような使い方をしてもらいたい訳で。
企業側が「支えているのは従業員」という考え方をしてくれたら
もう少しまともな選挙戦が行われると思うんですが。

ただ、民度があっても、背に腹は替えられない事情もあるんです。
特にバブル期以降はその傾向が強い。
僕個人はそういう立場とは(現状では)無縁だけれど、
いろいろな元顧客の会社さんとかに遊びに行くと、
泣けるぐらいにヒシヒシと感じるんです。
やっぱり、日々の生活って大事だし、
我慢を受け入れる体力も今はないんじゃないかってね。

>当時は日本各地で受け入れを拒否されていたハンセン病の国立施設を誘致しと、国から金を引っぱっては来たけどそれが将来的に自立的に金を生むシステムを模索しました。

これは見事ですよね。
ただ、こちら側の現状では私的に行っていく方法しかないかなと。

医療関連だと「聖隷ホスピス」っていうガン末期患者を受け入れる
日本でも有名なシステムがあるけれど、
そういうのは県とか市とかとは関係ない所で行われていたりします。
(※多少の補助金はあるにせよ)

だから、どこかでアテに出来ないという割り切りをしないと、
そういうのって上手く行かない気もする。
逆に国とか市を巻き込まなきゃと言う事も考えるんだけれど、
この辺りは難しい話ですよねぇ。

---------------------------------------

で、話は変わるけれど「情」の部分の話をしますが。

仮に改革に向かおうが現状維持に向かおうが、
それを決めるのは「自分たちが選んだ議員」に託したい訳ですよ。
それは地方都市の場合はどこも同じだと思うけれど。
非常に日本的な感覚であるというのも踏まえて書いたつもり。

その部分を考慮に入れるならば、
自民の新公認候補のメンツがあんなんにはならない。
舛添の前のカミさん(片山さつき)が隣の選挙区にやってきましたが、
お前何しに来たんだって思うもの。
やはり、地元の人間が誇りを持って国会に送り出してやりたい。
そういう市井の人間達の情の部分もメッチャクチャにしちゃって、
何が国家の改革だという気がするんですよ。

結局、小泉はイエスマンだけを集めたいとしか思えない。
どうせなら反対派を取り込むくらいの気概を見せて欲しい。
それこそが彼が目的を達成する唯一の手段だと思うんだけれど。
(※亀井は切っちゃって正解だとは思う…あのセンスでは(笑))

幹事長の武部が得意気に話すのを見るにつけ、ムカムカする。
あの顔は「権力を手中に収めた」という驕りの顔にしか見えない。

「正体、ここに見つけたり」という感がして、非常に不愉快です。

※散漫な文になったけれど、お許し下さい。

投稿: kikka | 2005.08.20 15:06

政治は変わるんだったら、1000年以上前にかわってるとおもうけどな。
袖の下、口だけの公約。
結局いつもそうぢゃんか。

私が恐れているのは、やっぱりメディアを使用した右翼化傾向
かな。
メディアも絶対グルになってるぞ。
気をつけよう。

というわけで、TVをほとんど見なくなりました。
(最近、つまらんし。。)
ドキュメンタリーもどうみても仕組まれてる感じが
ありありとするので、最近食傷ぎみ。

ま、ベルリン陥落でもみるか。(笑

投稿: すぴぞう | 2005.08.20 23:04

すぴぞう様>

こちらではお久しぶり。
コメントがダブってたみたいなので、一つ削除しましたよ。
もしかしてMac版Explorer(OS9版)で投稿した?

>結局いつもそうぢゃんか。

と言ってもね、どこかで信じたい気持ちもあるんですよ。
心の底の部分では良心があるのではないかと。
ただ、いろんな人が関わってくると、
そういう気持ちって失われちゃう事もあるんだよなぁ。
特に政治のトップの部分なんて、
リスクもデカイけれど旨味も相当にありそうだから。
どっかで人間って変わっちゃうと思いますね。

>ドキュメンタリーもどうみても仕組まれてる感じが
>ありありとするので、最近食傷ぎみ。

前に書いたけれど、ドキュメンタリーは主観的なものだから。
第三者的な視点というのは幻想にしか過ぎないから。
カメラを前に、被写体が正常でいられる訳無いじゃない。
良かったら、右にある森達也の本でも読んでくださいよ。
(※今度、貸そうか?)

>ま、ベルリン陥落でもみるか。(笑

久しぶりに見たくなったなぁ>ベルリン陥落。
FINAL WARS見てたら、何故かこの映画を思い出してしまった(笑)。

投稿: kikka | 2005.08.20 23:44

私の祖父の永田良吉のことを高く評価していただき,有難く思います。
今月,鹿屋市出身の大場昇氏が評伝 永田良吉」を南日本新聞開発センターから出版されました。その紹介を「メールマガジン「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」に投稿したら,本日版に採用されました。
http://www.melma.com/backnumber_45206_4763752/
なお,この本を読んで,私は初めて祖父の政治活動の全容と歴史的な意義を知りました。勝手ながら,ご参考情報の報告まで。

投稿: 朝倉悦郎 | 2010.02.14 10:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100929/5535993

この記事へのトラックバック一覧です: 小泉純一郎の功罪。:

» 郵政民営化ってやっぱりヘンだ! [ここがヘンだよ!郵政民営化]
いよいよ衆院選がスタートしました。最大の争点といえば郵政民営化問題。 小泉自民党は「郵政民営化がすべての改革の本丸」などと言っていますが果たしてそうでしょうか。 郵政民営化さえ実現すれば年金や財政問題も一気に解決するなんて、本となんでしょうか? ちょっと....... [続きを読む]

受信: 2005.09.01 11:37

» 痛みかNOか、それが争点だ [日本の未来があぶない]
自民・公明、衆院選で過半数割れと予想=亀井元政調会長 民主と連立否定−神崎氏 反対派支援に含み 反対派は追加公認せず 武部氏、過半数割れでも 自民・公明で過半数獲得は微妙=自民・加藤紘一氏 候補者?マニフェスト? 郵政解散、各党走る 自公過半数割れなら退... [続きを読む]

受信: 2005.09.04 20:10

« 「牙」ー江夏豊とその時代 | トップページ | 恐るべし、デューク更家(笑)。 »