« 新しいブロガーさん。 | トップページ | 恐るべし、Apple style! »

2005.08.26

iMac Revision Aのその後。

先日のエントリーの続き。

大学の同級生だったSくんのところへ行って、完動品の初期型iMacを丸ごとピックアップした。彼のお店で2,000円で売っていたのを、彼のカミさんのお店のホームページ更新を手伝うという条件でタダにしてもらったものだ(笑)。

imac1

昨日も書いたように電源関連の不良だったので、結局は頂いてきたiMacにHardDiskを突っ込んだ感じになりました。

だって、全バラシするのは面倒臭いんだもの(笑)。

ただ、何故そういう風にしようかと思ったかといえば、Sくんから頂いた方のiMacは"Revision B"で、こちらの方がスペック的に多少良かったから。発売年月日がたった2ヶ月しか違わないんだけれど、グラフィック周りとかが多少良くなっているんです。

いま見ると「どっちもどっち」ではあるのだけれど(苦笑)

《iMac G3/233MHzのRevision AとBの違い》
A:98年8月発売/2MB VRAM
B:98年10月発売/ATI RageProGraphicsController/6MB VRAM

98年はまだMac屋さんに就職していなかったので詳細は解らないんだけれど、発売して経った2ヶ月で別のRevisionの機械が発売されたという事は、何らかの不都合があったのではないかと想像しているのだが。
Rev.AとRev.Bに移行する2ヶ月間の間に、MacOS自体のバージョンが「8.1」から「8.5」に切り替わった時期にも相当するので、もしかするとUSBの関連とかグラフィック関連とかで足りない部分があったのかもしれない。

詳しい事を知っている向きは、是非書き込みを(笑)。

ともあれ"しなやか長野"氏のiMacは、期せずしてRev.AからRev.Bに切り替わってしまったという訳だ(爆)。
HardDisk以外にも、長野氏が増設していたメモリをBottomの部分に入れて、搭載メモリを160→190にアップさせるなどもしておいた。多少、今までよりは動作が軽くなるのでは無かろうかと。

ヘヴィーユーザーだったら自分で出来るような事ではあるが、仮に中古パソコンを販売店に修理に出した際の対応とか考えたら、なかなか辛いモノがあるだろう。請求なんて幾らになるか解らんだろうし…それこそ、新しい機械を買っちゃった方がイイって話になるからねぇ。Macの場合は「機械に愛着を持つ」ってケースも多いから、尚更かも。

完全な修理とは言えないけれど、今回はこんなんでいいんじゃなかろうか…と、勝手に納得している自分がいる(笑)。

|

« 新しいブロガーさん。 | トップページ | 恐るべし、Apple style! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100929/5652176

この記事へのトラックバック一覧です: iMac Revision Aのその後。:

« 新しいブロガーさん。 | トップページ | 恐るべし、Apple style! »