« 恐るべし、デューク更家(笑)。 | トップページ | 駒大苫小牧、選手権連覇! »

2005.08.19

高校野球選手権 準決勝

惜しかったなぁ…宇部商。

第一試合は勝利を9分9厘手中にしていた宇部商が、最終回に逆転を喰らってしまった。それも、地区大会からずっと投げ続けたエース・好永の暴投という結末。
9回の挟殺プレー、いま考えると追い込み方が少し緩慢だったかなという気もするし、早く終わりたいという焦りも見えたりする。
でも、炎天下の中での緊張感一杯の試合で、冷静さを保てと言ってもなかなか難しい部分がある。残念だったけれど、決して彼を責める事も出来ないのも事実だ。
公立校としては難しい環境がありながらも、よくここまで勝ち上がったと思う。玉国監督と宇部商ナインには敬意を表したいと思う。

第二試合は昨年の優勝校・駒大苫小牧と、辻内&平田を中心とした大阪桐蔭の試合。

まず駒大苫小牧。昨年のチームは単純に「怖いもの無し」という勢いが感じられたのだが、今年のチームは「なかなか負けない」図太さが身に付いたというイメージを持った。優勝経験という事実は、これだけイメージを変えてしまうものなのだろうかという事を実感している。これからも甲子園の上位常連校として名前を連ね続けるのではないだろうか。

大阪桐蔭は、不利な展開も本塁打攻勢でひっくり返してしまう底力のあるチームだった。でも、主戦投手・辻内がもう少し安定していたら…というところはあった。3回戦の清峰戦では揺さぶりをかけられて四球の数が多かったり、今試合も駒大の揺さぶりから波に乗りきれないまま得点を許した形。そこが残念。
辻内はマウンド度胸がもう少し付けばプロでも十分にやっていける気がする。その速球は類い希なる才能だと思うから、その活かし方も加えて身につければ自然に余裕も出てくるんじゃないかなと。

一応、決勝戦の勝敗予想だけど、駒大苫小牧の連覇かなと思っている。

|

« 恐るべし、デューク更家(笑)。 | トップページ | 駒大苫小牧、選手権連覇! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100929/5547977

この記事へのトラックバック一覧です: 高校野球選手権 準決勝:

« 恐るべし、デューク更家(笑)。 | トップページ | 駒大苫小牧、選手権連覇! »