« Daniel Lanois / Belladonna | トップページ | 『A』をやっと読み終わった。 »

2005.07.17

迷っています、あれこれと。

少し触れたけれど、本日とある会社の面接というヤツに行ってきた。

件の会社さんってのは所謂「IT企業」ってヤツでして、モノの販売よりはUNIXサーバーとかCISCOルータとかのネットワーク関係のいくつかのソリューションを柱にしているとの事。

一応、昨年末までパソコン関連とはいえ営業職(及びメンテナンス)を行っていた訳で、全くの関連性がないワケではないので、話を聞きに行った形。金曜日に突然面接日時が決まった時には緊張していたが、面接本番では特に緊張感はなく、言いたい事もいろいろと言えたし、聞きたいと思われる質問とかも口に出せたと思っている。
面接担当であった営業所長さんがかなり人当たりの良い方だったので、甘えちゃった感じかな(笑)。好き勝手な事を言わせていただきましたが、本当にありがとうございますと感謝したい。

だが、その会社に入社するかどうかってのは、また別の話です。何となく話を進めていけば、就職が内定しそうな気がしてしまいましたけれど。

先程も書いた通りに営業職を希望したのだが、どうにも技術職(=システムエンジニア)との違いがハッキリとわからない。
営業するにしても、サーバーやネットワーク等のメンテをするにしても、いずれにしろ未知なる部分の知識が必要になってくる。それを「どう学習していくか?」というのが課題になる訳だが、エンジニアの場合だと研修施設で1年くらい時間を掛けて行い資格まで取得する事が出来るが、営業職だと日々の仕事の中であれこれと覚えていかないといけない…それではなかなかスピードの速いIT業界では無防備で敵に玉砕していくのに等しい。まずはそこに不安を覚えた。

知識を覚えるために最初はエンジニア志望で入社したとしても、例えば給与的な問題とか、あるいは自分の時間が取れるか否かという問題があり、前の会社でその二つの問題で散々振り回された経験がある身としては、どうにも我慢が出来ないという不安感もある。給与よりは、後者の時間的な問題というのが一番引っかかっている。本当に前職では自分の時間って持てず、それだけ「会社(社長)にいい様に利用されてしまった」という不快感が占めてしまっているから。

他人から見れば、確かに甘ったれた事を言っているのだろうし、今のご時世からいうと自分の興味ある分野に居場所がありさえすれば、全ては解決するのかもしれない。
でも、生きていく事にバランス感が要求されるのならば、やっぱり自分の時間は大事にしたい。なるべく仕事一辺倒な生活からは解放されたいというのが希望である。

とりあえず、もう一度職種を練り直すという話で、考える時間をいただいた形になっている。
一応、所長さんの方からは「年齢的な部分と、知識的な部分はクリアになっている」という言質を得たので、あとは自分がどうするかという根本的な問題だけが残っている。

なかなか結論が出そうもないが、もうしばらく悩んでみる事にしてみる。

何人かの読者の方から励ましの連絡をいただきました。何もお礼はできませんが、非常に感謝しております。

※今回はTrackbackとコメントは受け付けません。
 ご理解のほど、よろしくお願いいたします。

|

« Daniel Lanois / Belladonna | トップページ | 『A』をやっと読み終わった。 »