« バカか、林檎は(怒)〜続編〜 | トップページ | 私がバカでした(泣) 〜その2〜 »

2005.07.10

私がバカでした(泣)

まずは…

Appleさん、ゴメンなさい!(土下座)

それと前のエントリーに書き込んでいただいた"区野"さん、"piouhgd"さん、ありがとうございました。Disk UtilityでHFS Plusにフォーマットして、そのあとにiPod Utilityでソフトを書き込んだら、見事に購入時状態にまでは持っていく事ができました。

現在は僕のPowerBookでテスト動作をしている状態です。今のところは少量のデータキチンと書き込めました。音声もしっかりと聞こえているし大丈夫ではないかと。通常作業としてはまずまずです。

それにしても、Mac屋を辞めて半年が経つから、こういう簡単な事にも注意を払えなくなってるんだなぁ。少し反省しました。

ただ、いくつか気になる点が出てきました。
1:大容量の曲データの転送時にエラー→終了。
2:元顧客の"iMacG5"との接続の問題。
3:6月配布のiPodアップデータの問題。

1に関しては、いま"TechTool Pro"で僕のPowerBookのHardDiskメンテを行っている最中です。僕の元々所有している初期型iPodと、転送の動作に関する比較をしてみようとしたのですが、同様のエラーが起こってしまった。もしかすると僕のPBが断片化等で影響を及ぼしている可能性もあるのかなと考えて、メンテに踏み切った訳です。ここまで1時間30分以上やってますが、まだ終わりません(泣)。PowerBookをキチンとメンテすれば、検証を取りやすいのではないかと考えております。

2については、以前からFireWire接続の周辺機器とで軽いトラブルが起こっていたりします。例えば彼のiMacにはLacieのd2 HDD(160GB)を接続しているのですが、Backupを取ろうとしたりすると、途中でエラーが起きてしまうことが何度かありました。だからiMacのFireWireポート自体の不具合も考えられそうな気もしています。一体型の機種だとこの類の不具合は経験上多かったので、最悪だとiMac本体の修理が必要なのかも知れません。

3に関しては、2のエラーがどちらもアップデータが配布されてから起こった現象という事だからです。顧客のiPodは新品にはなりましたが、2月購入のモノなので現行のソフトウェアではなかったという事がまずあります。僕の初期型iPodはつい最近にアップデートしたもので、それまでは初期化等も上手くいってました。この辺もいろいろと情報を得てみたいと考えていますが。

まだまだ実験的作業は続きそうです。何かありましたら追記していこうと思っています。

|

« バカか、林檎は(怒)〜続編〜 | トップページ | 私がバカでした(泣) 〜その2〜 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100929/4900457

この記事へのトラックバック一覧です: 私がバカでした(泣):

« バカか、林檎は(怒)〜続編〜 | トップページ | 私がバカでした(泣) 〜その2〜 »