« Apple、IBMを見限る…ってマジ?(その2) | トップページ | Apple、2006年にIntel製CPU搭載機を発売 »

2005.06.06

嬉しさと戸惑いと。

 Appleの記事を書いた後に、アクセス数が増加しているんですが、それについての雑感を書いてみようかと思い立った。もしかすると、自分のblogへの接し方というのも変わってくるのかな…なんて思ったんで。

 カウンターを設置したのが6月1日、あれは二重アクセスはカウントしない仕様になっているので、延べ人数ではあるけれどほぼ実数が表示される。だから、アクセス数を増やそうとトラバを積極的に行ったり、簡単な"営業活動"をしてみようと思った。例えばThe White Stripesの記事とか、ワンクリック詐欺(笑)の記事とか、ゴルゴ13の記事でコメントをもらったりしたのは、そういう積極性の賜物だったりする。皆さん、雰囲気を考えて微笑ましいコメントを残してくれているので、感謝したい気分である。

 で、今回の「Apple−Intelの提携話」。通常50くらいのアクセスが、一気に3倍以上に膨れあがって、本日もそのペースが衰えていない。
 一番ビックリしたのは、ログを見てアクセスした方のホストを見てからである。詳細は書かないけれど、例えばIT関連の有名企業の方だとか、大学など学術関連の方面の方だとか、そういう向きのログが異様に多いのが特徴である。彼らは通常の生活では絶対に触れる事のないだろう方ばかりと思われる。そこで、自分の書いた事を世間に晒しているという現実感が押し寄せて来た。
 一番最初に、blogを設置した理由として「ヒリヒリする緊張感のある場所に身を置きたい」などと言う戯れ言を書いた。幸か不幸か、それは早くも一歩を踏み込んでしまった。本当に不特定多数の人間とblogを通して接している事に、嬉しさを感じながらも戸惑っているのが現状だ。

 だが、いままでの様なGoogleにも上手く引っかからないようなサイトを運営したり、mixiみたいなソーシャルネットワークをやっているだけじゃ、こういう事を考える事がなかったのも事実だ。
 サイトではいままでのネット仲間とかが集まってきてくれて、付き合いも密になっている。mixiではウマが合う方を何人か見つけて、楽しんでいる。でも、どうしても箱庭の中で遊んでいるというイメージが頭に浮かんでしまって、このまま深みにハマってしまう事の恐怖感が出てきてしまった。だから、自分の中でバランスをとるためにblogを再立ち上げしたんだった。

 自分がネットを使って行こうとするところの道標がホンの僅かだが見えてきて、ビビっちゃったのかもしれない(苦笑)。でも、何かしら足跡は残しておきたい。暫くはこんな心理状態が続くんだろうなぁ。

【少し気になった記事】
2ちゃんねるの「終わり」とブログの今後(日経bp)

【Appleの記事の件で一言】
 訪れていらっしゃるのが技術系の方が多そうなので、記事に対する弁明を一言書いておきます。
 プロフィールに書いてありますが、僕は昨年末まで「Mac屋の店員」でした。だからアーキテクチャの部分よりも、どちらかと言えばマーケティング(と言う程大げさなものではないけれど)の側面から見る事が多いです。もちろん、IT企業というのは技術をあげていく事自体がアピールの重要な点となるんでしょうけれど、僕のIT関連の文章は売る事に対して疑問を呈する比率が高くなるかと思います。
 イメージ先行なので深い事はそう書けないとは思いますが、1ユーザーおよび末端の販売店員の意見として聞いていただければ幸いです。

|

« Apple、IBMを見限る…ってマジ?(その2) | トップページ | Apple、2006年にIntel製CPU搭載機を発売 »

コメント

こんばんわ!!
ゴルゴのTBありがとうございました。
他サイトの方からコンタクトを頂けるのはとてもうれしいです。
今後も関連記事などありましたら、どんどんTBやコメント書き込み宜しくお願いします!!
お互い世界に向けて情報発信していきましょう♪

投稿: みっちー | 2005.06.06 23:21

みっちー様>

コメントありがとうございました。

>お互い世界に向けて情報発信していきましょう♪

本来好きなのは、
ゴルゴの話のようなお気軽な"いっちょかみ"なんですが、
どうにも難しく考えてしまう性分の様で(^_^;。
でも、ビビりますよ。
専門的知識ってそんなに無いのに、
辿ってきた人達がどうみても「それ系」の人って言うのは(笑)。
あとからなに言われるか解らんとか想像しちゃいましたもん。

こんなんですが、またヨロシク。

投稿: kikka(Mac屋の店員) | 2005.06.07 01:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100929/4438385

この記事へのトラックバック一覧です: 嬉しさと戸惑いと。:

« Apple、IBMを見限る…ってマジ?(その2) | トップページ | Apple、2006年にIntel製CPU搭載機を発売 »