« くだらない、あまりにくだらない。 | トップページ | 事後報告、ゴメンね(笑)。 »

2005.06.27

ベースボールバトン:本編

発案者・ピノさん含めごくごく一部の皆様、お待たせをいたしました(苦笑)。課題となっていたベースボールバトンを書き込ませて頂きます。

先日「Musical baton」という一種のチェーンレターが回ってきたのだが、システムはそれと殆ど同様。質問内容に関しては前記事に書いてあるので、興味がある向きは別でもやってみて欲しい。案外、自分の趣味について振り返るいい機会かもしれない。それは音楽の時も同じでした。

では、ピノさんが考案した設問通りに進めていこう。

1:パソコンに所有している野球関連ファイル
申し訳ない、これはゼロです(苦笑)。
ブラウザのBookmarkだと野球関連が一番多いが、
さすがにデータまでは所有してません。
本の方は琴線に触れたモノは買い集めるようにしてますが。
いま欲しいのは『綱島理友:ユニフォーム物語』。

2:一番最近観戦した試合
これはムチャクチャ古い。
1987年11月1日:西武球場で行われた
日本シリーズ「西武ー巨人」第6戦だったりする(苦笑)。
もしかするとオープン戦とか高校野球を見ていると思うが、
全く思い浮かばない。
この試合って「クロマティの山なり返球」と
「清原の試合終盤の涙」で有名な試合です。
前者は、Gセンターだったクロマティへの外野フライで、
隙をついた西武の選手(辻じゃないかなぁ)が
2塁からタッチアップして得点したシーン。
後者は、前年のドラフトで
希望通りに巨人に入れなかった清原が、
日本一になる事で悔しさを晴らしたという話(苦笑)。
ただ、僕は同日に行われていた
天皇賞・秋の方が気になっていましたが(爆)。
※ちなみにF1の日本グランプリ(中嶋入賞)もこの日。

3:今、一番好きor 気になる選手

一般的だけれど「松井秀喜」が気になる。
彼こそON以後にやっと現れた
日本プロ野球の象徴だと思うから。
イチローでは琴線に触れなかったです。

一応、他の選手も挙げておきます。
日本のプロ野球だとハムの小笠原が好き。
最近よく見ているMLBだと
Red Soxのウェイクフィールド
基本的に日本にいないナックルボーラーが好き。

4:自分にとって思い入れのある試合、または場面

これも古いのが多くなりますよ。
☆1976年 日本シリーズ第1戦 巨人ー阪急
リリーフとして登場した阪急の山口高志、
彼が王貞治を高めの速球でキリキリ舞いさせた場面。
僕がテレビで見た感じでは、
彼こそが70年代以降の"最高の快速球の持ち主"だったと思う。
肩を壊して早めの引退をしたのが惜しかった。
☆1977年 全国高校野球選手権3回戦 大鉄ー津久見
夏の甲子園初の「サヨナラ満塁本塁打」の試合です。
実はこの試合、甲子園で見てました。
大鉄の川端が右翼スタンドギリギリにかっ飛ばしたシーン、
その真上(右翼最上段)で親父と見ていたのが
昨日の事のように思い出されます。
☆1981年 全国高校野球選手権3回戦 報徳学園ー早稲田実
早稲田実    0  0  0   0  0  0   3  1  0   0    = 4
報徳学園    0  0  0   0  0  0   0  1  3   1X  = 5
好投手・荒木大輔を報徳・金村義明が終盤に打ち込んだ試合。
ピッチングのミスを打撃で返した。
8回表までの早実有利だった球場の雰囲気が、
8回裏からガラッと変わり報徳を後押ししたのが印象的。
報徳はこの勝利から勢いに乗り全国制覇を成し遂げる。
現在、タレントとして活躍している金村を見ると、
時代も変わったなぁと落胆する事しきり(笑)。
でも、この時の報徳はマジで強かった。
☆1983年 日本シリーズ第6戦 西武ー巨人
最終回に西武・金森にレフトを超える
サヨナラ2塁打を打たれたのがエース・江川卓だった。
打球がレフトを越えた後、江川が淡々とマウンドを降りるシーンと
金森を筆頭にしてチーム全体で喜ぶ西武ナインとの
対照的なコントラストが印象に残っている。
巨人時代と西武時代が交差した一瞬だったと思う。
☆1977年 MLB WorldSeries第6戦 NY YankeesーLA Dodgers
この頃、フジテレビでパンチョ伊東氏の解説による
「大リーグ中継」が始まった。
毎週放送されるメジャーの迫力に野球ファンは驚き、
僕にとっても子供心に惹かれるモノがあった。
P・ローズとかM・シュミットだとかS・ガービーだとか
そういったスーパースターのプレーが印象深い。
(※個人的にはDodgersのガービーの渋さが好きだった)
その集大成としてゴールデンタイムでWorldSeriesが放映された。
ここで圧巻だったのは"Mr.October"ことレジー・ジャクソン
シリーズ優勝を決める3打席連続ホームランを放った。
あの腰の据わった力強い打撃フォームは、
静岡のいち子供に衝撃を与えるには十分でした。
こういうサプライズがある所が、MLBのMLBたる所以だと思う。

5:5人に回しなはれ!
ちょっと、ここのご指名は待ってくださいね(笑)。
もう一日考えてみます←追記で発表しますわ。

ひとまずこんなモンですが、どうでしょうか>ピノさん(笑)。

|

« くだらない、あまりにくだらない。 | トップページ | 事後報告、ゴメンね(笑)。 »

コメント

Kikkaさん、お疲れさまでした!パチパチ!
ナンノナンノ(まだ言ってる)ディープなディープな内容、堪能しました!

個人的には、現代のONはO=イチロー(記録という意味で)、N=新庄(記憶という意味で)ですね。二人とも監督にはなりそうにありませんが。松井はちょっとこの枠組とは違うんですよねー。甲子園での全打席敬遠の時に「この人は大物になるのかなー」とちらっと思った覚えがありますが、こんなにどんどん進化するとは。あまりに凄い選手なので、ちょっと自分の中では「別格」です。

ウェイクフィールドですか!渋い。日本では、オリックスの加藤がナックルを投げますね。確かに日本では少ないですね。爪の硬さが違うんでしょうか?

70年代の野球はまだあんまり意識覚醒していなくて(子どもだったし)、ぼけーっと見ていたのでハッキリとした記憶がありませんね。赤ヘル軍団が初恋だったぐらい(笑)時々、原辰徳の甲子園での守備を思い出したりするんですけど、あれは何年だったかな?
87年の西武巨人戦はハッキリ覚えていますねー。あの頃は清原が好きでした。あの時スタンドを埋めつくしていた西武ファンはどこへ行ったのでしょうか?

楽しく読ませていただきました。ありがとうございますー。
バトンは無理せずに!

投稿: ピノ | 2005.06.27 17:44

ピノ様>

何とか書き上げました。
でも、書いた後にまだまだ書き足りないなんて思ったりして(笑)。
パッと思い浮かんだ試合を羅列した感じですね。

>ナンノナンノ(まだ言ってる)

いやぁ、南野陽子「寒椿」は最高でしたよ。
他の映画も借りようと思っています。

>ちょっと自分の中では「別格」です。

別格という意味での「ON以来」という表現なんですよ。
イチローも新庄も全く足りないです。
ONって解りやすい意味で日本のプロ野球の顔でしたよね。
日本的な求道者だった王さん、
日本人らしくない派手なエンタテイナーだった長さん、
個性は別ですが、
ON以外に日本プロ野球の看板を背負った選手はいたでしょうか。
野茂以来、いろんな選手がメジャーに行きましたが、
松井ほど日本プロ野球の威信を背負ってる選手はいないでしょう。
そういう意味ではONも松井も別格です。

>ウェイクフィールドですか!渋い。

ニークロとかも好きでした。
あと、現役だとCircleChangeの持ち主マダックスですかね。
なんか柔よく剛を制すって感じで日本人の琴線に引っかかりますね。
ここは知り合いのMLB通に語ってもらいたいんだけれど…。

>赤ヘル軍団が初恋だったぐらい(笑)

それって75年ですか?
それとも79&80年の方ですかね?
僕は後者の年代の広島と(江夏在籍)、
75年から3連覇した阪急が最強だったと信じています。

>原辰徳の甲子園での守備

東海大相模時代だと74年から76年ですね。
春に準優勝したのは75年(高知に負けました)。

>あの時スタンドを埋めつくしていた西武ファン

あの時は根本さんが管理部長としてチームを作り上げて、
それが完成した時代でしたね。
観客もそこそこいて、勢いに乗っていた時代だと思います。
森時代よりは田淵とか太田とか東尾とかが顔を利かせていた
82年&83年の広岡率いる西武が好きでしたが、
常勝西武が完成したのは間違いなく森さんが就任してから。
やっぱり"悪人"が監督やらないと強くならないのかなぁ(笑)。

投稿: kikka(Mac屋の店員) | 2005.06.27 23:06

こんばんは、初めまして。
TBありがとうございます。やっぱり野球はいいですね。
私も松井は好きです。
石川県根上町の、松井秀喜野球の館にも行ってきました(笑)
「ユニフォーム物語」もうちょっと安ければなあ・・・綱島さんプロデュースのホークス・アロハを着ている人をたま~に球場で見かけることがあるのですが、ああいうのはいいなと思います。

投稿: ナツウマレ | 2005.06.27 23:19

ナツウマレ様>

こちらこそ初めまして。
先程、そちらに書き込みました。
「桑田愛」が微笑ましかったというか(笑)。

>松井秀喜野球の館

いいですね!
落合博満記念館よりも行ってみたいと思いますもの(笑)。
僕はG党じゃないですが(名古屋のチームが好きです)、
松井は日本の誇りだと思いたいクチです。

>「ユニフォーム物語」もうちょっと安ければなあ

これは持っている方に書き込んで頂きたい(笑)。
本屋にたまたまあったので立ち読みしましたが、
あれは野球ファンならずともジックリ読めますね。
シッカリと各球団の歴史を踏まえているのもGoodでしたね。

"南海ホークスがあった頃"と同じ匂いがしました。

投稿: kikka(Mac屋の店員) | 2005.06.27 23:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100929/4726212

この記事へのトラックバック一覧です: ベースボールバトン:本編:

« くだらない、あまりにくだらない。 | トップページ | 事後報告、ゴメンね(笑)。 »