« 嬉しさと戸惑いと。 | トップページ | ちょっといい話。 »

2005.06.07

Apple、2006年にIntel製CPU搭載機を発売

 CNETの既報ニュースはガセではなかったと言う事ですな。それにしても、Mac webcasterの方も頑張りますな。お陰様でほぼパーフェクトな形で速報を聞いていますわ。

ここまでの話だと、Steve JobsのKeynoteをかいつまむとこんな感じ。

まず最初に、PowerPC=IBMのロードマップが来年以降全く見えていないが、Intelは2006年以降のロードマップがキチンとできていて発展性がある…という話がStreamingで流れてきた。最も最高のComputerを作るためにIntelとの提携を結んだとの事です(Intelの重役がKeynoteのステージに現れて、Jobsと並び立った様子)。また、Jobsは直後のインタビューで「未来」という事を連発していますね。

1:2006年にIntel CPU搭載機を発表し、1年間を掛けて完全に移行する。
2:アップルは5年前から、全てのMac OS Xを Intel/PowerPCの両方でコンパイルし、この時が来るのを備えていた。
3:PowerPC用に書かれたバイナリをIntel搭載機でスムーズに動かすデモを見せている。
4:Developer(開発者)用にIntel移行用キット(Pentium4が乗った含む)を、2006年の本格導入に先駆けて、本日から999ドルで提供する。
※技術的な部分はちょっと理解できておりません(苦笑)。Xcodeを上手く使用する事によってトランスレーターを作ったという部分だけは何となく解りました。 XcodeはあくまでもDeveloperがUniversal binaryを作る道具という事ですな(fujita.hさん、ありがとー!)

5:新しいMacOSの発表が少しだけあったみたい。今度のCodeNameは"Leopard"。来年、たぶんPentium搭載機と合わせて出荷される形になるのでは無かろうかと。

僕は技術者じゃないんでアレですが、一応Mac用のCPUというのを別付けしていく訳ではなく、Windowsと同様にPentium4を搭載していく様子ですね。実際のMacの仕様がどうなるか解りませんが(例えばMacにWinを、WinをMacで動作させる事ができるかどうか)いままでのモノを上手く走らせるためにどうしていくか、Xcodeというアプリが何度も話題に上っている様に、一つのキーポイントとなるみたい。
で、散々Jobsが言ってますが、まだまだやらなければいけない事はたくさんあるにしても、過去からの移行もスムーズにできるし、比較的容易に行くだろうという観測を述べています。

ただ、現行のようなPowerPC搭載のマシンは、今後1年発売しない様ですねぇ。だとすると、Appleという会社は今後1年どうするんだろう。買い控えは当然もあるだろうし、こんな状況でPowerPCのマシンの在庫を売りさばけると思っているんだろうか。ユーザーには"1年待て!"って言っているようなもんだもんなぁ。
逆に一般ユーザーからすると、ここまでハッキリとした"PowerPCへの死刑宣告"を行った上で、現行機種を購入できるか!と半ば怒りにも似た感覚も覚えるだろうし。
Appleという会社、そしてユーザーにとっては堪え忍ぶ1年となりそうだ。

また、詳しい情報があれば、コメント等お願いしたいところですね。こちらも善処します。

【WWDC2005 Steve JobsのKeynote概要】
Apple Linkage(WWDC特集)

【関連情報】
Apple、Intelプロセッサ採用を正式発表
Apple、パートナーにIntel移行を説明
(※IT mediaより)

|

« 嬉しさと戸惑いと。 | トップページ | ちょっといい話。 »

コメント

コメントありがとうございます。
ジョブズが感じた身の危険、それは無くなってから判る
長い友達のことでは、鏡にうつる自分を見つつ、
コレでいいのかと、毎日小1時間自分を問いつめて
I よりも長いIのことを忘れないでいようと、思ったに違いない
ってのは間違いですが

投稿: kina | 2005.06.07 04:05

68k→PPCのときと全く同じものが用意されるということですね。1つはPPC/x86の両方のネイティブコードを含んだ1つのバイナリ形式。universal binaryと呼んでいました。2つめはPPCのコードを実行時に動的にx86のコードに変換するOS組み込みのトランスレータ。Rosettaと呼ばれていました。Xcodeは直接的には関係ないと思います。

投稿: fujita.h | 2005.06.07 04:41

fujita.h様>

TB及びコメントありがとうございました。
そちらに書いたものとダブりますがお許し下さい。

そうですね、確かにUniversal binaryって言ってましたね。
だとすると、OSXの動作は多少の修正は
ともかくそんなに難しいもんじゃないって事ですね。

だとすると、Keynoteで言ってたXcodeの話って、
いったい何だったんだろうか?
Apple Linkageによるとこんな感じみたいですね。
"Xcode 2.1に於いて
PPCとIntelで動作するUniversal binaryを作成可能"
要は開発時にXcodeの新ver.を使えって事ですかね。
解釈としては、これでよろしいでしょうか?

投稿: kikka | 2005.06.07 04:55

ざっと見返した感じでは、「Xcode 2.1を使うとuniversal binaryが簡単に作れるよ~」という事だと思いました。

投稿: fujita.h | 2005.06.07 04:59

トラックバックありがとうございました。Solid Inspirationです。正直、凹んでます(苦笑)。

ただ、ここまでして移行に踏み切ることにしたジョブズが描くMacの未来が気になります。何が必要と考え、PowerPCと袂を分かったのか。

既存のハードの買い控えなどを考えると(しかも、今すぐハードが出るわけではない)、大丈夫なのかという心配はあります。

投稿: Solid Inspiration | 2005.06.07 09:14

Solid Inspiration様>

こちらこそ、TB&コメントをありがとうございました。
"玉音放送"、秀逸な表現だと思いました。
確かにPowerPCとの共闘が終息した感じでしたし。
JobsのKeynoteも1時間という短時間でした。
驚き一杯なんだけれど、妙に淡々とした感じがあります。

>大丈夫なのかという心配はあります。

元Mac販売店の人間としては、
1年間耐えなくてはいけない事を考えると、
そこまで一般販売店に体力があるのかどうか強く感じます。
10年後を考えれば最良の選択だったとは思うんです。
でも、この1年で末端の人間がMac離れを起こすんじゃないか、
などという不安はあります。
ここまでAppleを支えてきたのは販売店の人間ですから。
間違いなく量販店とかAppleStoreじゃありませんから。
末端の販売店がどう対応するかを考えると辛いモノがあります。
提携の発表のやり方が急だった…
もう少し別のやり方があったんじゃないかと考えています。

投稿: kikka(Mac屋の店員) | 2005.06.07 11:02

AMDならまだ分かるけど何でIntel?
速度的にもあんまりメリットないと思うけど。
クロックの数字なんかどうでもよくってアプリケーションが快適に動くかどうかが大事だと思うし、そうなりつつあるのに、なんで?ってのが正直な感想。
それと、今もってるG4 Mac がいつまでサポートされるのかが心配。夏のボーナスでアクセラレータ買うつもりだったのに。
シラーはPC上でMacOSを動かすのは許さないと言ったそうだけど、絶対パッチ・エミュレータが出てPC上で動くようになるに一票。(たぶん動かすやつは絶対出てくる)
いたちごっこかくごなんですかねぇ。なんにせよ、今回の決定だけは納得いかない。

ダブル投稿になっちゃってスイマセン
※管理人注:削除しておきましたよ(*^_^*)

投稿: sugichan | 2005.06.07 13:12

sugichan様>

コメント、ありがとうございました。
前のヤツの返信が来てから新たにコメントが載っていたので、
ビックリしましたよ(笑)。

>AMDならまだ分かるけど何でintel?

AMDとAppleが
ハナから交渉していたのかどうかは解りませんが、
もしかするとPentiumMの存在があっての事かも。
だとすると、Macminiからの変更という話に関して、
点と線が結びつくんですがね。

>いたちごっこかくごなんですかねぇ。
>なんにせよ、今回の決定だけは納得いかない。

僕はイメージ戦略的にも納得がイカンと思ってます。
ただ、AMDがクロック数を上げようが、
MacはMacであれば
(※ソフトとハードの同時提供という意味で)
CPUのメーカー=Intelは、スペックがそこそこあって、
安定供給ができれば良しという話なのかもしれません。
IBMがそれだけAppleの対応に
結果的に手間取った事があったから、
どっちでも良かったのかも知れませんよ。

この辺の話は、徐々に"関係者談"という形で
出てくるんでしょうけれどね…それを待つ事にします。

投稿: kikka(Mac屋の店員) | 2005.06.07 13:21

>例えばMacにWinを、WinをMacで動作させる事ができるかどうか

Mac上でWindowsは動くようです。ということはおそらくPCにMacのBIOS用ROMを載っけたモノになるでしょう。
(いちいち別設計ではコスト高で割に合わない)
逆は出来ないようにするでしょう。ハードの売上が生命線ですから。でも、共有ソフトでROMイメージが出回って、結局PC上で動かす人多数になると思います。

投稿: sugichan | 2005.06.07 14:57

AMDはDualコアと64bit化でIntelに先んじていますが、企業としての基礎体力はIntelとは違いすぎますからね。マザボの設計とかも含めて、Intelがかなりの人的な協力をするのは確実でしょう(何せ、本社が10キロちょっとしか離れていないし)。AMDにはそこまでやれる体力はないでしょう。

ノートの売り上げが40%を超えているAppleとしては、PentiumMなどによる新商品投入が目的でしょうし、提携は妥当かと。ビジネス的に見えれば、定期的に新チップ搭載による新機種投入で買い換え需要を喚起することの方が重要でしょうね。体感速度的には、たいして性能が上がっていなくても、宣伝に騙されて買う人間は多いですし、Macの場合は性能がいっしょでも新デザインなら買う人っていっぱいいるし(笑)。

ROMイメージが出回ってPC上でMacを使われるデメリット(の可能性)よりも、Mac上でWindowsも走らせることができるメリットの方が、遙かに大きいでしょう。とにかく安ければ自作機のデザインでも我慢できるような人間は、そもそもMacなんか使わずにWindowsにスイッチしているでしょうから。将来的に、WindowsOS無しでWindowsソフトが動くようになった時、OSの使い勝手による勝負が始まるでしょう。今回の移行は、その布石になるかもしれませんよ。

投稿: 斑牛の伊達 | 2005.06.07 17:09

sugichan様>

>Mac上でWindowsは動くようです。
>逆は出来ないようにするでしょう。ハードの売上が生命線ですから。

でしょうね。
どこかで独自性を出さないと
MacがMacたり得なくなっちゃう。
でも、その論法が本当ならば、
OS10.5はWinユーザーを引き寄せる道具に
成り得ますかもしれませんね。
そういう意味ではワクワク感はあるんですが。

ただ、それはあくまでもユーザー側&開発者側としての
立場の意見でしょう。

それよりも、今回もAppleの上層部が突き抜けて、
末端に近ければ近い人間が
ないがしろにされたイメージがあるんです。
そういう人達を切り捨てる可能性が出る程に、
至急に事を進めなければいけなかったのか?
もう少しAppleという会社が
大局的な読みをシッカリしていたら、
発表と同時に新機種を投入するくらい
用意周到だったんじゃないかな。
だから、10年後を見据えた部分ではいいのですが、
1年という短いスパンで考えた場合に
売る側のMac離れを起こす可能性も
少し示唆してみた訳です。

…もうMac屋じゃないから、大きなお世話なんですが(苦笑)。

投稿: kikka(Mac屋の店員) | 2005.06.07 17:37

伊達くん>

>AMDにはそこまでやれる体力はないでしょう。

"すぴぞう"君と話して意見が一致しました。
開発とかに投資するんだったら
大企業・Intelがいいのではないかという事、
WindowsのLonghornという時期OSが
AMDのCPUを基本に設計している事、
この二つがAppleとIntelの距離を
一気に狭めたのではないかと読んでみました。

>PentiumMなどによる新商品投入が目的でしょうし、提携は妥当かと。

先程書きましたが、PentiumMをキーワードにすると、
今回の提携に関して、
特にMacminiから順にという話は理解できるんですよ。
ハイスペックノートで軽量のタイプは
PentiumMの独壇場に近くなっていますよね。
PowerBookがアメリカ人はともかく(笑)、
日本人には重くて不評だったのが、
軽量化などを実現する事で
一気に挽回できる可能性が出てきました。
これは希望的観測の中でも最大のモノでは無かろうかと。

>将来的に、WindowsOS無しでWindowsソフトが動くようになった時、
>OSの使い勝手による勝負が始まるでしょう。
>今回の移行は、その布石になるかもしれませんよ。

この言説が実現するならば、
今回のApple=Jobsの選択は
一世一代のギャンブルとも言えますね。
この部分がクローズアップされるんだったら、
Appleのいままでのイメージを損なわないで
済むんじゃないかと思うんですけれどねぇ。


ただ、現在は五里霧中…(苦笑)。

投稿: kikka(Mac屋の店員) | 2005.06.07 17:50

kina様>

スイマセン、ここでのレスが遅くなって。

>ジョブズが感じた身の危険

kinaさんのコメントをね、
今日一日ずっと考えていたんですが、
自分の姿を見てと言うところに
何故か大きい哀愁を感じてしまいました(笑)。

>無くなってから判る長い友達のこと

Intelは「長い友達」ですか(笑)。
ただ、カリスマは普通の人と思考が違いますから、
そう思っても不思議はない…なんてね(笑)。

投稿: kikka(Mac屋の店員) | 2005.06.07 17:55

呼んだ?(笑

AMDは、企業戦略系がやはり弱いので、ま、
大手メーカー同士が手を結んでしっかりとやるのが良いかと
思いますです.

プライベートユーザー的にはAMDを推したいというのが本音。
ただ、企業ユースとなると話は変わる。。。
(AMD系はディスクIO周りの出来がいまいちだが、
 これはある程度nVidiaとVIAのせいであろう)
インテル自体はノース、サウスともに自分ところで
固めちゃってるんで、そりゃ速いシステムだわさ。(笑

おいらの夢はAT互換機(もうこの名前は正しいのかどうか
わからんが)上でMacOSX(NeXTSTEP)が動くこと
かな??

もともとNEXTはOS屋だったから、事実上、NEXTに
乗っ取られているAPPLEは、別にx86系でも
かまわないと思います。

一番大切なのはアプリとOSだと、みんな気づいていると
おもいますよ。(^^)

投稿: すぴぞう | 2005.06.07 19:07

すぴぞう様>

>呼んだ?(笑

来るなよ!(苦笑)
今日、事務所で話したばっかりやん!

>プライベートユーザー的にはAMDを推したいというのが本音。
>ただ、企業ユースとなると話は変わる。。。

さすがだねぇ。
MacとWinの両方でメシを食っている人間だけあるわ。
君の言う通りに、
確かに描画速度とかは今はWinの方がいいもんね。
それなりのセットなら、
自作機でもコストパフォーマンスは十分。

>一番大切なのはアプリとOSだと、みんな気づいていると
>おもいますよ。(^^)

確かに、箱だけあっても仕方がないもんね。
でも、この現状でApple製品を売れないでしょ?
1年待てばJobsが言う
所謂「未来のマシン」が手にはいる訳だから、
販売店の人間とかはセールスがキツいと思うよ。
1年間は絶対にこの話題から逃れられない訳だから、
パソコン部門に関しては
相当に厳しい商戦が待ってるのでは?

行き当たりばったりに見える様な戦略じゃダメなんです。
(※IBMがどうにもならなかったという事は差し引いても)
株価だけが会社の判断材料じゃないんだから。
運用してナンボなんだから。
…これじゃ生扉と変わらんだろうが(苦笑)。

投稿: kikka(Mac屋の店員) | 2005.06.07 19:30

販売に関しては、Classic環境の問題もあるので
来年までの1年間なら大丈夫ではないでしょうか。
IntelMacではOS8・9のソフトを動かせるClassic
環境が切り捨てられますので、MDD Macのように
駆け込み需要があるのではないでしょうか。

実際問題として、自分などはこの3年間、ほとんど
全部の作業をクラシック環境でやっていますしね。
OS9起動マシンの需要というのは、もうほとんど
ないのではないかと。問題は、中傷のDTP会社かと。
これを機に、いいかげんOS Xにシフトするのか、
それともWindowsにスイッチするのか。たぶん、
Jobsは日本のDTP業界なんて切り捨てるでしょうね。

投稿: 斑牛の伊達 | 2005.06.07 20:42

>自作機のデザインでも我慢できるような人間は、Macなんか使わずにWindowsにスイッチしているでしょう

私は自作機もG4も持ってますけど(笑)
実際Macユーザで私のように複数代持っている人間はたくさんいると思います。
果たして、PenMac(wが出たとして、いい悪いは別にしてROMイメージさえあればPCでMacOSが動くようになった場合、ハードをわざわざ買うか?ということです。
書かれているように『AT互換機上でMacOSXが動くこと』がPCユーザがMacOSを使う最低条件でしょう。取り込みは難しいと思います。Intelチップならなおさらです。Linuxが普及したのもハード買わなくても動くからです。


PCI Expressなど最新技術がすぐ使用OKになって周辺機器が充実するのは期待してもよいと思います。ただ、デバイスドライバの非互換で混乱するかもしれませんが。

投稿: sugichan | 2005.06.07 23:01

自分も両刀遣いです。止むに止まれず両刀 or Switchになった人間と、最初からウィンで他の選択肢を考えない層、とにかく安さを求めて自作機という層と、多少高くてもデザインを求める層と、Windowsユーザーも多様だと思います。Windowsユーザーの8割9割が割れ物ソフトを使うことになんの罪悪感も抵抗も感じない人種というのならともかく。現状3%のMacユーザーとしては、それが6%になるだけでも大変なメリットでしょう。

>『AT互換機上でMacOSXが動くこと』がPCユーザがMacOSを使う最低条件でしょう。
そういう文脈では使っておりませんが。なにか誤読されてらっしゃいませんか? iTunesやiPodですらSwitchを促す要因になりうるのですから、Windowsのソフト遺産を捨てずにMacOSを試せるハードがあるのなら、試しに買ってみようという層は一定数いるでしょう。

CNETが報じるところを信じれば、IntelMacはMac miniなどから搭載の可能性が高いようです。Mac miniのコンパクトな筐体は静音・省スペースを求める層には魅力ですし、Intelシール付きで値引きという選択肢がつけば、自作機のコストパフォーマンスも太刀打ちできない可能性も出てきますしね。

憶測ですが、ジョブズはROMイメージが出回るまでMacOSXのパケージは買わずにおこうというWindowsユーザーを、切り崩しの対象とは考えていないでしょうね。そういう人達はそもそも、知的財産に正統な代価を払おうとは思っていない人達でしょうから。90何%のWindowsユーザーの中から、シェアウェアに対価を払う人の内3%を切り崩せれば勝ちでしょうし、7%を切り崩せればソフトベンダーの多くがMacに対応し、12%を切り崩せればIntelにとってはDell以上に重要な顧客になるでしょうね。

Windowsユーザーが割れ物ソフトユーザーばかりならば、別に切り崩す必要もないでしょうけどね。現状では充分黒字が出ているので。

投稿: 斑牛の伊達 | 2005.06.08 00:14

一睡もしてなくて、非常に疲れてるんで(笑)、
明日にでもレス返します。

イカンねぇ…三十路も後半にはいると勢いが(苦笑)。

投稿: kikka(Mac屋の店員) | 2005.06.08 01:24

なんか、NEXT社のときと、ほぼ同じになりそうな予感します。
が、、Jobsもいろいろと考えているとは思います。
(一般ユーザー及び販売店ではわからんのねぇ?)

NEXT StationとかCubeとか、欲しかった人間ですんで、
x86のOSXでれば、それの正規仕様でATを1台組みたいです。
(もし互換機でOK版が出るのなら。。)

ただ、AT屋からは、毛嫌いされていましたね<x86Next

投稿: すぴぞう | 2005.06.08 09:24

別に喧嘩するつもりはないのでどうかご勘弁を(w
心配しているのは以下なのですよ。
1.互換性で問題が発生する可能性があるのに、パフォーマンス上のメリットが(現状では)見えないこと。
2.上記にも関わらず、現行ユーザには買い替えが迫られること
3.移行期間がしょうがないんだけど、短いこと。(2年くらいかけてノートから徐々に移行しますなら納得なのですが)
4.同じ技術を使うことで、明確にハード価格で比較されるようになること。
5.デザインが良くてもソニーのVAIOはぜんぜん売れてないこと
ノートに関しては売れると思います。価格だけで比較されないので。

投稿: sugichan | 2005.06.08 09:25

ALL>


まぁ、落ち着いてお話ししましょう。
場が荒れるのは個人的に好まないんで。
極力、挑発的(に見える)な書き方は慎む様に。
って、雰囲気でシャレって解れば問題ないですが(笑)。


まず自分の立場を明らかにしておきます。
僕は何度も書く様に元Mac屋です。
だからAppleという会社を見るときには
特殊な立場で物事を見ている気がしています。
が、末端の販売の人間が真に売る気になってこそ、
ユーザー拡大に繋がっていくと信じています。


sugichanさんがいくつか書いておられますが、
あるいは他の方々も書いておられますが、
Apple側からのハッキリした形での
ロードマップがまだ見えていないですよね。
IBMとかIntelに対し
ロードマップという言葉を連呼したのに、
肝心なApple関係者に
(※ユーザー、Developer、ベンダー、販売店等)
自らが明らかにしていない状況じゃないですか。


少なくとも発表段階では開発は終えていて、
近い時期に実行できるんですよという
保証ができていないと、
商売のやり方としては下手としか思えない。
少なくとも販売部門の意志はそこには見えず、
技術者的、開発者的観点からでしか
物事を見ていない事がうかがえます。

sugichanさんが書かれていた懸念で、
これまで抱えていた顧客が離れる事だってある。
今までの顧客を切ってしまう(例えばDTP業界)のは
非常に簡単なやり方だけれど、
それと同数及びそれ以上の顧客を新規開拓するのは、
おそらく倍以上の労力が掛かるんですよ。
そのリスクを背負っていくつもりならば、
或いはApple関係者を一致団結させて
揃って未来に行かせようと思うなら、
あんな"突然の方向転換"に見える事はやっちゃいけない。


自分は、そういう危険性を匂わせながら
ここに書いているつもりです。

投稿: kikka(Mac屋の店員) | 2005.06.08 12:51

『突然の方向転換』は、いつものことだよ?。(笑

Appleシリーズから、Macシリーズ然り。
68系からPPC系然り。
ラプソディ開発中止然り。
Jobs再来然り。(笑

みたいな感じだから、いつもユーザーは信じてついていく
しかないんです.

ポリタンクG3と、初代iMacのデザイン見たときは
おもわず笑ってしまいましたけど、今回はちょっと
方向性が違う笑いのような気もしております。

大事なことは、M$みたいに、「選択肢がない」という
状況ではなくて(Linux?敷居が高すぎて一般人には無理)
「Macがダメなら、Winでいいや」という
「選択肢が存在してしまう」と言うことが
問題だと思うんだけどなぁ..

投稿: すぴぞう | 2005.06.08 13:42

すぴぞう様>

>『突然の方向転換』は、いつものことだよ?。(笑

それを悪としない経営の無頓着さが
いまだに直らんというのもねぇ。
Appleはパソコン出荷台数が2%ぐらいでしょ?
いつまで同じ事をやってるんだというかね。

>いつもユーザーは信じてついていくしかないんです

それはコアなユーザーだけでしょ?
でも、そのコアなユーザーも
ここまでどれだけ減っていったか…。
ましてや一般はiPodは解っても、
Jobsの名前なんかは殆ど知らん訳だから。
箱庭のカリスマなんて誰も意識しないって。
Switchってキャンペーン張ってるけれど、
現状維持もできないようなメーカーに
それを言う資格はないでしょ。

>「Macがダメなら、Winでいいやという選択肢が存在してしまう」
> と言うことが問題だと思うんだけどなぁ..

囲い込みが上手くいっていない訳だから、
これ以上にシェアを伸ばすんだったら、
より大きいところに出ていって
ケンカを仕掛けていくしかないんじゃないかなぁ。
少なくとも条件(CPU)を同じにして、
自分たちの優位を
同じ土俵でアピールしていくというギャンブルをね。

OSの扱い方に関しては絶対にMSよりも優しいから、
何とか土俵に引っ張り込みたかったんだろうけど。
それができないなら
逆に相手の土俵に乗り込むのは当然の帰結かと。

ただ、予告無しにゲリラ的にやっていくのは
企業としては危険が一杯じゃないかな。
(開発は準備されていても、販売関係は…ねぇ)
秘密主義もいいけれど、お金の絡んでいるところには
もう少し情報を流してもいいんじゃないかと。
Appleという企業にとって、
少なくとも販売店が一番の顧客なんだから。

投稿: kikka(Mac屋の店員) | 2005.06.09 01:10

最終的には販売店も切り捨てていく予感。そのための直営店展開でしょうし。博多の方もほぼ確実ですし、取りあえずプロ野球球団がある都市は全部押さえていくんでしょうかね。直営と通販で、黒字が出る形ができつつあるし、日本の販売形態は無視してアメリカの流儀を押しつけていく可能性大ですな。

海外のブランド商品と同じく、直営店と正規代理店による販売でも充分な利益が上がればいいやと考えていそう。それがネット時代にあった点と線の販売戦略なのか大失敗になるのかは、10年は見てみないとダメでしょうね。括弧付きですが、今のところは順調ですが。

投稿: 斑牛の伊達 | 2005.06.09 01:38

伊達くん>

>直営店と正規代理店による販売でも充分な利益が上がればいいやと考えていそう。

それを日本でやっちゃ絶対にダメ。
すぐにメンテに駆けつけられる人間がいないと
緊急性という意味でどうにもならないし、
ユーザー間では対面修理の必要性が
散々訴えられているし、
その不義理さがApple離れを起こしかねないですよ。
だいいちAppleが日本で苦しくなったのって、
Canonと疎遠になったところから始まっているでしょうに。
(※経営陣から手を引いたと言う意味でね)
Mac系の雑誌だって軒並み無くなっているし…。

原田永幸が辞める1年前くらいに、
各流通チャネルの販売店経営者を集めて
懇親会をやった事があったんです。
その時のAppleの対応は、
今までのように制限を掛けませんから、頑張ってください
…などという話だったらしいです。
今でも新製品発表の時には説明会が各地方であるようだし。
一応、彼らなりには気を使っていたし、
なるべく取り込む事によってパイを大きくしようとしていた。
そうして忠誠を誓って布教活動に勤しもうとしている人間を
無下に切ってしまったら、絶対にしっぺ返しが来ると思う。

投稿: kikka | 2005.06.09 02:12

Intel化で一番恐れるのは
   PC98の悪夢
です。
アーキテクチャをそろえると、たとえ違うと言っても
「値段・機能だけで」比較されます。
PCの売上ランキング見てもほとんど上位はCeleronマシン。
http://news.yahoo.co.jp/ranking/bcn/cpt/desk_d.html
どういうことかというとPCユーザはそれくらい価格に対する目が厳しいということ。特にデスクトップPCで。
Intelにハードの設計もやってもらうんだろうけど
(今のPCメーカは設計もやってません。ほとんどIntelにおまかせ。ソニーと松下くらいじゃないのかな。自分とこでやってるのって。)
安くはなるだろうけどDellと比較されて大丈夫?
特に業務で入れてる印刷やさんとかPCに一気に流れないか?
ってところが不安ですね。

投稿: sugichan | 2005.06.09 09:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100929/4448890

この記事へのトラックバック一覧です: Apple、2006年にIntel製CPU搭載機を発売:

» WWDC 2005ではナニが…2 [らむのたまご]
結局ネットラジオの中継を聞いてるよorz 最初は、アップルストアの宣伝つか実績?1週間で百万人とか。 次はiPodです。すっげ、売れてるって(そりゃまあそうだろう ITMSでは4億3千万曲販売した。i... [続きを読む]

受信: 2005.06.07 03:52

» PentiuMac [#include ]
Apple to Use Intel Microprocessors Begin [続きを読む]

受信: 2005.06.07 04:36

» 「アップル、IBMを見限る--Macにインテル製プロセッサを採用へ」は本当だった! [Sky's The Limit]
いやぁ、やっぱりおどろいた・・・・。 ふたを開けてみたらそんな話はまったくなかった、な〜んてこともあるかな、と半分疑心暗鬼な感じもあるんですけどね。 報道の中にもありましたが、上に書いたようになかなか低消費電力・発熱の PowerPC を開...... [続きを読む]

受信: 2005.06.07 04:47

» Macユーザの"玉音放送" [Solid Inspiration Blog]
 日本時間の6/7未明(現地時間6/6)、Appleが開発者向けに行なう会議(W [続きを読む]

受信: 2005.06.07 09:04

« 嬉しさと戸惑いと。 | トップページ | ちょっといい話。 »