« 第46回宝塚記念 枠順確定 | トップページ | ベースボールバトン:予告編 »

2005.06.24

左手の小指 Part2

先日お伝えした「左手の小指が当社比1.5倍以上(笑)に腫れ上がってしまった」出来事の、その結末。

今日、いつもの内科医のところに行ってきた。あの「フォアグラだねぇ」の内科医だが、実は奥さんが皮膚科をやっているのですわ。

で、奥さんが診断しようと小指を見たとたんに「何でこんなに腫れてるの?」って。まず、こっちが聴きたいって(苦笑)。まぁ、彼女と話していると「こんなになるまで放っておくなんて!」という意味だという事は即座に理解できたが…日本語の使い方って難しいねぇ(笑)。

結局、消毒針を使っての膿の摘出をする事になった。いつもだったら早い段階で自分でやってしまっていた事なのだが、さすがに今回は時間が経っていただけあって少し大げさ。診察用ベッドに寝させられて、その上で小指に針を突き刺す形になった。

いやぁ、痛い! メチャクチャ痛い!

30ン年の人生の中で、あんな激痛を味わったのは初めて。大の大人が、思わず「痛ぇーーーーーッ」とか「ガーーーーーッ」とか大声を上げてしまいました(笑)。まるでタイガー・ジェット・シンに反則チョーク攻撃され、もがき苦しむかのように足をバタバタとさせてしまった(爆)。ての痛みの神経が、左手小指に集中したかのように痛かったといっても大げさじゃないと思う。半分、泣きそうになっていたし(T^T)。

膿を取りだした後に簡単な処置(絆創膏を貼る)をして、抗生物質3日分をいただいて終わりましたとさ。

何事も早めの判断がカギという事ですな、ハイ。

|

« 第46回宝塚記念 枠順確定 | トップページ | ベースボールバトン:予告編 »

コメント

>まるでタイガー・ジェット・シンに反則チョーク攻撃され、
>もがき苦しむかのように足をバタバタとさせてしまった

分かりずれ〜、と言いつつ、よく分かります。(笑)
サーベルの柄の部分でグリグリグリ〜、とかね。

投稿: piouhgd | 2005.06.24 22:51

その小指、誰に噛まれたのでしょうか?(爆)

投稿: kiosk | 2005.06.24 23:30

pio様>

>分かりずれ〜、と言いつつ、よく分かります。(笑)
>サーベルの柄の部分でグリグリグリ〜、とかね。

受け手の側(僕)は、マジでのたうち回りました。
僕は午前中の最後の患者だったんですが、
先生が「他の人達が帰っていて良かった」って言ってました(笑)。
何かイイ表現が無いかなぁと思ってたんですが、
パッと浮かんだのがジェット・シンとブッチャーだった(苦笑)。
いま思うと、あれだけ解りやすい悪役もいないんですな。

kiosk様>

>その小指、誰に噛まれたのでしょうか?(爆)

って、伊東ゆかりの「小指の思い出」じゃねぇんだから。
あなたの噛んだ、小指が痛い〜♪って、何十年前の歌じゃ。
少なくとも、僕は生まれてなかった(苦笑)。
あれって"柴田@SSK赤い手袋"と付き合う前なんですかねぇ?

投稿: kikka(Mac屋の店員) | 2005.06.25 01:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100929/4690051

この記事へのトラックバック一覧です: 左手の小指 Part2:

« 第46回宝塚記念 枠順確定 | トップページ | ベースボールバトン:予告編 »