« 天皇賞(春):本命アドマイヤグルーヴ | トップページ | それは言っちゃイカンだろう。 »

2005.05.02

剛球一直線

 ここ数日、話題が固定した感があったので、気軽に話をしてみよう。とはいっても、場合によっては重い話になったりして(苦笑)。

 いま室井佑月blogで、ラブレターの原稿を募集しているそうだ。

 朝のワイドショー(とくダネ!)のコメンテーターとか、メチャクチャに弾けているお姉さんというイメージがあるけれど、こと文章は繊細で彼女の女性の部分がよく解ったりして、そこが好きだったりする。
 その室井女史がココログの出版企画という事で、いわゆるブロガーに対してラブレターをテーマとした文章を募集している、これは彼女に好意を持っているんだったら出さなきゃイカンだろう!

 というわけで考えてみたんだけれど、説明口調が好きな自分にラブレターなんて書けるんだろうか(爆)。

 ラブレター…対象はたぶん何でもいいんだろうな。恋したい異性じゃなくても友人とか親とか知り合いとか、あるいは自分の車とかPowerBookとか好きなCDとかのモノでもね。
 でも、せっかく書くんだったら、やっぱり直球勝負したいじゃないの。それも藤村甲子園が投げた球速160km級の"剛球一直線"ってヤツで勝負したいねぇ(笑)。やっぱり僕の場合は愚直にいかなきゃ、マジで好きな女性に書かなきゃだめだろう。

 実はこの人に書いてみたいっていう女性はいる。

 自分がどれだけその人に思いの丈をぶつける事ができるんだろうかという不安はある。ましてや好意を持ってくれてるかどうかだって、よく解ってなかったりするし。下手したら、メチャクチャ恥ずかしい事になっていたりするかも。
 まぁ、剛球一直線の醍醐味は「打つか打たれるか」「殺るか殺られるか」っていうギリギリの緊張感だからなぁ。それを楽しんでみる事にしてみますか。

(※なんかそれらしい日記があれば、それが"ラブレター"だと思います)

|

« 天皇賞(春):本命アドマイヤグルーヴ | トップページ | それは言っちゃイカンだろう。 »

コメント

室井さんの息子さんに宛てた手紙読みました。すご~いよく分かるというか共感できた!でも私にはあんな表現できないです…
kikkaさん頑張って書いてくださいね♪

投稿: しゃち | 2005.05.02 05:48

しゃち様>

>室井さんの息子さんに宛てた手紙読みました。

彼女の文章って、女性っぽさが鼻につくところもあるけれど、
強気でグイグイ押していてもホロッと弱さが出ていたり、
凄く自分に正直な表現をしているなぁと思っています。
彼女の官能小説は読まないけれど、コラム系の文章は面白い。

ただ、一番最初に彼女を意識したのは、
昔のホステス時代の話とかをテレビ&週刊誌で見た時かな。
あれ、完全にネタとして昇華されてるなぁ(笑)。

>kikkaさん頑張って書いてくださいね♪

まぁ、ボチボチとやりますわ(笑)。

投稿: kikka(Mac屋の店員) | 2005.05.02 10:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100929/3942943

この記事へのトラックバック一覧です: 剛球一直線:

« 天皇賞(春):本命アドマイヤグルーヴ | トップページ | それは言っちゃイカンだろう。 »