« 第131回天皇賞(春) 枠順発表 | トップページ | 剛球一直線 »

2005.05.01

天皇賞(春):本命アドマイヤグルーヴ

第131回天皇賞(春)ですが、どこからでも買えそうな大混戦となっていますな。僕もいろいろと悩んでますが、現時点での予想を立ててみました。

本命はタイトルにもある通り、
3番のアドマイヤグルーヴにしました。

以下、下記の通りの印です。

◎アドマイヤグルーヴ(3番)
○ヒシミラクル(8番)
▲ザッツザプレンティ(1番)
△シルクフェイマス(7番)
△サンライズペガサス(14番)
△ハーツクライ(16番)
△マカイビーディーヴァ(12番)

2番の単勝1000円、
2番頭で残りをフォーメーション…三連単200円ずつ(30点=6000円)
2番頭で残りをフォーメーション…三連複200円ずつ(15点=3000円)
以上、合計10000円の購入。

 これは第一インスピレーションで思ったのですが、もしかしたら武豊だったら、この間書いた岡部幸雄のクシロキングを再現できるのではないだろうかと考えました。それと昨年の秋天で3着に絡んでいる事が大きなプラス材料と思っています。武豊は6番人気以内だったら勝てる力があるジョッキーですしね。アドマイヤマックス(高松宮記念優勝、4番人気)と状況も似てますし(笑)。

 1番人気のヒシミラクルの単勝オッズが5倍という、異様に買いにくい倍率というのは気になりました。彼は95年のライスシャワーを彷彿とさせる臨戦過程ですが(賞金別定戦で60kgを背負っていますし)、今回は連絡み程度ではないかと。仮に直前人気で【1番の座】を他馬に譲るようだったら要注意ですが。

 ザッツはG1馬の復帰戦としてはオープン特別のハンデ戦というのが物足りない。別定戦および定量戦(主にG1)出走歴が昨年の夏期番組表以来1年ない馬がどこまで食い下がれるだろうか。

 外国招待馬のマカイは一応、初物天皇賞(国際招待になって初のレース)を加味しての選考。もしかしたらマカイの購入を辞めて、隣馬(13番アイポッパー)ないし同枠馬(11番ハイアーゲーム)を買うかもしれませんが。ただ、前年度ダービー3着馬は、G1ホースでの優勝歴がないと天皇賞では用なしですがね。

 残りの馬は別定戦出走歴があり、天皇賞の負担斤量でもある58kg(牝56kg)の経験もある馬たちです。

一応、こんな予想です>TAKUMAさん(笑)。

【追記 5/1 15:20】
こんな風に買いました。アドマイヤが崩れたら終わり(苦笑)。

_2 

_1

|

« 第131回天皇賞(春) 枠順発表 | トップページ | 剛球一直線 »

コメント

なるほどね。

今回は俺は武君は押さえ程度で考えてます。
3200mという距離にやや不安があるというのが
理由ね。

一応予想は日記に書いておこう。

投稿: TAKUMA | 2005.05.01 10:18

TAKUMA様>

アドマイヤグルーヴって牡牝混合戦でいい成績を残してませんね。
それも気にかかるんですが…
昨年の秋天での激走が鮮烈に頭にこびり付いてます。

僕自身が2月以来のG1参戦(笑)なんで、
最初のインスピレーションを大事にしようかと。

ただ、ヒモはもう少し選択し直してみますが。

投稿: kikka(Mac屋の店員) | 2005.05.01 12:56

まるで「磁場が狂っている」としか思えない結果(爆)。
自分の本命が負けたのは仕方がないとして、
なんでスズカマンボなんて一着なんだろう?
どう考えても今までの春天では真っ先に切れる馬。
一番最初に切った枠が今回は5枠でした。

春天こそが"日本一を決めるレース"という伝統が、
徐々に崩れているのが寂しい。

投稿: kikka(Mac屋の店員) | 2005.05.01 16:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100929/3929526

この記事へのトラックバック一覧です: 天皇賞(春):本命アドマイヤグルーヴ:

« 第131回天皇賞(春) 枠順発表 | トップページ | 剛球一直線 »