« ワタクシの大好物 Part3 | トップページ | UEFA チャンピオンズリーグ »

2005.05.26

5月29日は日本ダービー

 競馬の祭典・第72回日本ダービーが今度の日曜日(5月29日)に府中の東京競馬場で行われるんだが、金曜日からの前売りがあるので26日中に枠順が発表される。そのプレビューを書いてみようかと。

 今週に入りいろんな場所で報道されているし、オマケにYahoo!では特別ページまで作られているくらいだからご存じの方が多いだろうが、今年のダービーにはダントツの1番人気馬がいる…ディープインパクト&武豊の軸は不動だろう。

 僕は世間の評価に反して、まだディープインパクトが空前絶後の名馬という気がしていない。あの出遅れながらも最後は2馬身半の着差をつけた皐月賞を見ても同じである。
 今回のダービーの馬券を組み立てる上での軸には当然推すつもり。「弥生賞→皐月賞と連覇した馬」の成績とか、「無敗で皐月賞馬になった馬」の成績とか、「新馬券が発売された最初のダービーでは2冠馬が現れる」というジンクスとか、いろいろなモノの後押しがある。少なくとも馬券対象である3着には確実に入ると思われるし、彼を1着と想定しての三連単も少々買ってみようかと思っていたりする。

 でも、"競馬には絶対がない"のも真実だったりする。

 単勝を買ってみようと思っているのは、"ダービートライアル"青葉賞を勝ったダンツキッチョウ。鞍上は96年のダービーで、武豊&ダンスインザダークを負かした藤田伸二。皐月賞は自重したが、早くからダービーに照準を合わせたローテーションを組み、連対率100%で本番に臨む。
 何故、彼をディープの刺客としてピックアップしたか。それはダンツキッチョウが昨年の夏番組(札幌)でデビューして、一年間の実績がある馬だからだ。斤量経験もデビュー時の54kg→札幌3歳Sでの55kg→すみれSと青葉賞での56kgと、3歳馬がデビューから1年で経験可能な斤量を全て経験してるからだ。
 ディープのデビューというのは12月。という事は、競馬番組表的に言うと半年しか走っていない(トウカイテイオーとかと同じパターン。フサイチコンコルドという年明けデビューの例外もいるが)。

 競馬がダービーを頂点として行われているゲームだとすると、1年間コツコツと実績を重ねてきた馬こそが栄冠を掴むべき。ディープの相手は、その対極にいる馬なのではないかと考えている。

【オマケ】
 ダンツと同様に、1年間駆け抜けてきた馬でマイネルレコルトという2歳チャンプがいるが、今回は敬遠するつもり。ここ数年の2歳チャンプはダービーでの成績が悪すぎる。それと大レースでなかなか勝てない弥生賞3着馬だし。できれば秋には路線を変更してマイル〜2000m辺りで頑張って欲しいものだ。
 ここ2年は11月デビュー馬が2連覇してるが、今回の該当馬はブレーヴハートただ1頭。でも、この馬自体は収得賞金800万円の条件馬だし、彼が激走する事はまずないだろう。
 この2頭に関しては、同枠馬をマークしてみるのも手ではないかなと。

 京都新聞杯勝ち馬のインティライミはどうだろうか…やっぱり2着&3着はあるかもしれないけれど、1着はないんじゃないかなぁ。アドマイアジャパンは横山典弘の騎乗停止が痛い。彼も連下という感じだろうか。皐月賞2着のシックスセンスは1勝馬なので論外。結果が狂っても3着まで。

|

« ワタクシの大好物 Part3 | トップページ | UEFA チャンピオンズリーグ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100929/4282545

この記事へのトラックバック一覧です: 5月29日は日本ダービー:

« ワタクシの大好物 Part3 | トップページ | UEFA チャンピオンズリーグ »